スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「反応」を使う

今日の検証内容

・ネット動画の検証
・手の開きと反応
・武器の稽古と鍛錬の度合いについて
・合気上げ


●ネット動画の検証

以前門下だった流派のある師範(仮にA師範とします)の演武動画が手に入ったのでMさんと検証してみました。
Mさんによると、その人の動きは合気道に近いそうで、我々が昔習っていた流派の宗家はもっと得体の知れない、力の抜けた感じがするのだそうです。
(有り体に言えば、「やる気のなさそうな、ヌルヌルした動き」だとか)

A師範の動作は鍛錬しないと出来ないもので、我々が目指す「誰でも出来る技」とは少し方向性が違うようです。

それで、我々が目標とする動きとA師範の動きを実際にやってみました。
A師範の技は一瞬に集中し、背中の力を使ってパーンと投げる感じです。
一方、我々が目指す技は、原理的には同じですが、もっと力を抜いてやる気なさげにスキマから入り込んで行く様にします。
普通の人にはこちらの方が良いのではないかと思います。


●手の開きと反応

今日のメインテーマですが、Mさんの発案です。
柔術系の技は、手首を掴まれたら手を開く、というのが定石となっています。
では、それは一体どういう意味があるのか?
開き方による違いがあるのか?
それを検証してみました。

まず結論から言うと、手を開くのは「相手の反応を引き出すため」ということだと考えられます。
手を開くと手首が膨らむので、掴んだ相手はそれに反応して握る力を強くしてしまうのです。
そうやって手首を握るのに一生懸命になっていると、そこで力が釣り合う「ゼロ化」の状態になります。
すかさずローリングなどのムーブメントを加えると、相手はすっ転ぶ、という寸法です。

人間というのは一度に一つのことしか意識を向けられず、それに関わっている間は別の事に注意を払えなくなる、という性質があります。
この場合は手首を囮にしておいて、それを食っている所をワナに嵌める、というやり方です。
合気系の技は、こんな風に人間の本能を利用して技をかけるものが多い。
あとはいかにうまく釣るか、その技量にかかってきます。

手の張り具合、それが反応にどう関係するか。
何例かあげながら検証しました。
関連して、達人並に相手の手をこじらないように技を掛ける練習法として、半畳の投げ技などもやってみました。


●武器の稽古と鍛錬の度合いについて

武器の扱いというのは本当に難しいです。
我々は普通、自分の間合いの中でいろいろな事を行います。
しかし一旦その範囲から外れると、バランスを崩します。
武器というのは慣れていない範囲外にまで間合いを広げる道具なので、下手な扱いをすると自滅してしまう危険性があるわけです。

そこで、最初から素早く力を込めて武器を振り回したりせず、ゆっくりと馴染ませるように扱うようにするべきだと思います。
範囲も最初は素手の間合い内で振り、だんだん外へ拡大していくようにします。

鍛錬というのは一朝一夕で効果が出るモノではなく、出すべきではないでしょう。
体の変化が伴わないと、弊害の方が大きくなると考えられます。
細胞が変化していくのに合わせるように、鍛錬も時間をかけてゆっくり行うのがベターではないでしょうか。

筋トレの害についても話し合いました。
人間が何かやるときには特定の筋肉だけを使うわけではなく、全身が協調しているはずです。
筋トレで一部分の筋肉だけを使う意識を育ててしまうと、本質的な動きが出来なくなる恐れがあります。
また、武術で用いるのは、普段は意識していない体幹や背中の筋肉であろうと考えられています。
表面的な筋肉を強化するようなトレーニングはやめた方が良さそうです。

「ベストキッド」という映画の中で、ミヤギ先生は空手の修行としてダニエル少年に何台もの車にワックスを掛けさせたり、家中の塀にペンキを塗らせたりするのですが、手と腕だけで作業をしていたらすぐに疲れてしまうので、イヤでも全身を使うことになります。
それで自然に体幹を使う防御技が身について行くのですが、本当に筋トレをするなら、このような技とつながる鍛え方をするべきでしょう。


●合気上げ

合気上げは、

「ゼロ化」→「一体化・丸める」→「反らす」

という手順であろう、という見立てをし、検証してみました。
管理人は、ずっとこの合気上げの動作の意味が理解出来ず、実際にやってみても上手くいかなかったのですが、Mさんとの原理の追求によってようやく謎が解けてきました。
今日はそれを実証してみた訳です。

一見、手と腕の動作にしか見えない合気上げですが、実は小技をふんだんに使い、全身を連動させているものらしいのです。
これに「コンパクト」と「プレセッション」を組み合わせたものが投げ技に発展していくのです。
こうなると、合気道も大東流も、その他の武術も違いは無くなってくるように思います。
次回はこの辺りも検証してみたいです。


今月もいろいろな謎が解明出来て大変充実した稽古になりました。
Mさん、ありがとうございました。
来月も宜しくお願い致します。

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。