スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラム「ドラゴンクエストのように」

「ドラゴンクエスト」というゲームをご存知でしょうか?
最近はどうか知りませんが、管理人が子供の頃はみんな大ハマリしていた超人気RPGでした。

このゲームの何が人を惹きつけたかというと、ストーリーもさることながら、
「自分の分身が物語の中で成長していくこと」
だったのではないでしょうか。

成長は「レベル」という形で現されます。
このレベルは経験値と比例してグングン上がっていくのではなく、ある程度経験を積んだ所でいきなり上がるようになっています。
実際の人間の能力の上がり方もこの通りだと考えられます。

武術に限らず身体能力を向上させるには、「神経回路の形成(ハードウエア)」と、それをコントロールする「意識の形成(ソフトウエア)」が必要です。
筋肉を自在に動かすために上記のハードとソフトの2つが不可欠なのですが、これらは一度にパッと出来上がるものではありません。

同じ動作を何回も繰り返すことで神経が伸びてネットワークを作り、それを動かす意識も次第に洗練されて行きます。
しかし、回路網が完成するまでは動作の質は何も形成されていない時とあまり変わりません。
道路で例えるなら、いくら広い道をあちこちに作っても、全体が繋がっていなければ交通が改善されないのと同じです。
ところが一度完成してしまえば、今までとはレベルの違う動きが何気なく出来るようになるのです。

個人的な話で恐縮ですが、管理人の体験を例に上げましょう。
といっても、武術のではなく、楽器の演奏についてです。
なぜ楽器?と思われるでしょうが、楽器の演奏は体の使い方が武術に近い上に、弾けるかどうかはっきりしているので、レベルが上がる瞬間が分かりやすいからです。

さて、管理人は昔ピアノを習っていました。
レッスンは週1回、日曜日の19時からでした。
ピアノなんか弾いた事がなかったので、当然音符も全く読めません(今もです)。
そこで、先生にお手本を演奏してもらい、その音と弾いている指の動きを憶えて、ひたすら真似することにしました。

まず右手でメロディーを弾けるように徹底的に練習します。
さらに左手で和音を弾ける様に練習します。
そして最後に両手を合わせます。
ここからが問題で、なかなか両手で弾けません。
両手を同時に動かそうとすると、一方は弾けてももう一方は止まったり、両手で同じ動きをしたりでどうしても別々に指が動いてくれないのです。

水曜が過ぎ、木曜、金曜、土曜になってもほとんど進歩なしです。
それでも必死に練習します。
日曜日は休みなので朝から練習です。
しかし、どうしても両手が合わない。
絶望的になりましたが、それでも夕方まで練習してみました。

そして、レッスンに向かう直前、ダメ元で弾いてみたら・・・なんとあれほど出来なかった両手演奏が出来るようになっていたのです。
今度は何回やっても両手で出来ます。
まさに「回路」が完成した瞬間でした。

神経ネットワークを作り上げるのは、だいたいこんな感じだと思います。
さんざん出来ない時間が続いて、ある時急激に完成します。
逆に言うと、もし日曜日の夕方「これはだめだ」と諦めていたら、永久にその曲は弾けるようにならなかったでしょう。

武術は全身を連動させる上に相手がいますから、回路を完成させるのに演奏以上の時間がかかるはずです。
しかし練習を欠かさなければ経験値は積み重なって行くのです。
そして、どこかで一気に突き抜ける時がやってきます。

そのためにはじっくりと武術に取り組む必要があります。
「ドラゴンクエスト」の様に、決して諦めず、丁寧に続けていくしかレベルを上げる方法はありません。
諦めてしまったら、あと少しで現れたかも知れない
「○○はレベルがあがった!」
というメッセージは永遠に見ることが出来ないのです。


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。