スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラム「基本鍛錬」

「型をいくらやっても上達しない」
「長年やっているが、普通の人と大して変わらない」
武術をやっている人の中には、こうした悩みを持つ方がたくさんいらっしゃると思います。
管理人もその1人です。

最近、伝統武術を現代人がそのままやっても効果が薄いのではないか?と考えるようになりました。
それは、伝統武術が「考案されたその時代の人のため」のものだからです。

日本の伝統的な武術は、もっとも古いものとなると1000年以上前に成立しています。
中国の武術の中には紀元前から存在すると考えられるものまであります。

この時代の人々と現代人を比較した場合、決定的に違うのは「運動量」です。
昔は電気も水道もなかったので、薪を割ったり、水を汲みに行ったりと体を動かさなければ生活が成り立ちませんでした。
伝統武術は、こうした体を使った生活をしている人々が学ぶ事を前提にしています。
コンビニに行くにも車を使う現代人が習得するには、そもそも基礎能力が全然足りないのです。

その一例を「歩く」という運動で挙げてみましょう。
江戸時代、江戸から京都まで移動するのに東海道、中仙道といった5本の街道が使われていました。
だいたいどの道も500キロぐらいの道のりです。
これを当時の人は2週間で歩いたそうです。
1日約35キロ、それも今のように整備された道ではなく、凸凹で、かなり急な峠も道程に含まれています。
宿代を節約したい人は1日に50キロぐらい歩いたみたいです。
それも飛脚とかではなく、普通の町人や農民が当たり前のように、です。
同じ事を出来る現代人がどれだけいるでしょう?

管理人は時々30キロ歩いてみるのですが、全身筋肉痛になって次の日は身動きが取れなくなります。
毎日30キロ以上歩けるというのが、いかにすごい身体能力か思い知ります。

「歩行」は人間の基本能力です。
寝たきりになると急速に全身の機能も知性も衰退します。
手を体にピタッと貼り付けて足だけで歩こうとすると非常に動きにくいですし、すぐに疲れてしまいます。
歩行が全身を使い、体に大きな影響を及ぼす運動である事がお分かりになるでしょう。

武術においても歩行の質がそのまま反映されます。
日本の剣術は「歩み足」が原則ですし、中国の武術も同様です。
私たちは寝たきりでもない限り必ず毎日歩いています。
厚生労働省の調査では、平均して男性は1日7200歩、女性は6400歩、歩いているそうです。
少ない人でも3000歩は歩いているでしょう。
木刀を毎日何千回も振ったり、突き蹴りを何千本も練習するのは大変ですが、歩くという行為は無意識にこれだけ行っているわけです。

せっかく必須の運動をしているのですから、この質を高め、回数を増やせば自然と基本鍛錬をしていることになるのではないでしょうか。
昔の人は図らずもこれを行っていました。
その基本鍛錬をしていたからこそ高度な武術を習得出来たのではないか、と考えられます。
まずは「歩く能力」を高めなければ、武術のパフォーマンスも向上しないでしょう。

「走った方がいいのでは?」
というご意見もあるでしょう。
しかし、少なくとも武術においては「歩く」です。
「歩く」と「走る」の違いは、足が地に付いているか否か、です。
「走る」と体が宙に浮いている瞬間があるのです。
「競歩」のルールを考えていただければお分かりになるでしょう。
空中にいる時には方向を変える事も重力を利用することも出来ません。
つまり、走ると隙が出来てしまう訳です。
走って隙を作るクセをつけてしまうより、効率よく早く歩く訓練をした方が良いと思います。

具体的な歩きの鍛錬としては、
1)歩きの動作を見直す
2)出来る限り歩く
の2点が挙げられます。


型をいいかげんにたくさんやっても上手にならないのと同じで、効率の良い、体を鍛える歩き方というのがあると思います。
最近の武術練習会でも大きなテーマとして扱っています。
少なくとも、スリッパみたいな靴でかったるそうに歩くのは止めたほうがいいでしょう。

そして、可能な限り歩く。
近所のコンビニに行くのに車やバイクで行くのはもったいないです。
毎日30キロ以上歩く、なんて社会人には無理でしょうから(やっても構いませんが)、歩けるところは極力歩いて行ってみてはいかがでしょう。

管理人の経験で恐縮ですが、今考えると自分が一番パフォーマンスが高かったと思うときは、質はともかく距離はかなり歩いていました。
(職場まで往復60キロ歩くとか、十和田湖3/4周とか)
時間はかかるでしょうけど、「歩く」効果は実感出来ると思いますので是非ともお試し頂きたいと存じます。


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。