ラスト稽古

2ヶ月間、自治会の仕事に追われ、ようやく終わったと思ったら稽古に借りている施設がしばらく閉鎖。
10月で今年の稽古は終わりです。
メンバーが揃ってこれからだ、という所での中断で非常に残念です。

しかし久しぶりにMさんも来て下さって、ラストを飾るにふさわしい賑やかな稽古でしたのでよしとしましょう。

●いろいろと

最初は管理人のターンです。
柔術で学んできた「先っぽに集中」をやってみます。
手首を上から掴まれた状態で腕から肩甲骨にかけて脱力をしますと、相手の人差し指の一点が前腕に当たります。
この一点を攻めていくと相手の人差し指の筋がピッと張って、手が外れなくなり、重心が上に上がって崩れます。
相手の指が腕に食い込む様な感覚が必要です。

これは掴まれ方によって親指の一点でも、掌の一点でも構いません。
相手の「先端」に当たる部分を集中して攻めると、そこから筋が連動するように体に力が伝わって崩れます。
難しいのは「一点」をはっきりと意識できるかどうか、だと思います。


次は「位置関係」について検討してみます。
どうもうまく技がかからない、という時、相手と自分との位置関係を調整してみてはどうかと思います。
例えば相手に掴まれる時にも、最初から技を掛けやすい場所で掴ませる、という事です。
今まで「どういう風に相手が来ても対処できるように」と思って練習してきましたが、よくよく考えると有利な状態でスタートした方が無駄が無いし、技の成功率も高まります。
言い換えると相手の行動を限定してしまう、という事です。
いつもそのように心がけて稽古すると、実際に戦う時も常に相手より優位に立つ癖がつくと思います。


他にもいろいろとやりましたけど、テーマが多岐に渡ってどんどん出てきたので全てをここに書ききれません。
時間めいっぱい使って実技と雑談が入り乱れての楽しい稽古でした。

という事で今年はこれにて活動終了です。
参加くださった皆様、どうもありがとうございました。

来年は施設が使用可能になり次第開始しますので、どうぞ宜しくお願い致します。

このブログはコラムや案内で更新しますので、よかったら時々覗いてくださいねー。






スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.