スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディスカッション・モード

誰かのレクチャーを元に稽古をすすめるのが「レクチャー・モード」なら、疑問をみんなで解決していくのが「ディスカッション・モード」です。
深夜ラジオからのパクリですが、今回はディスカッション・モードですね。

●カカトからはじく

ネット動画で見た、ある太極拳家の技を再現してみたい、という提案を受けて、メンバーの知識を持ち寄ります。
丸太で腹を突いてくるのを、太極拳の先生が「フッ」と弾いて丸太を持っていた人ごとボーンと吹っ飛ばす技です。
「北斗の拳」に出てくるハート様みたいな感じだと思います。

単純に腹を膨らませて弾き返すという訳ではなさそうです。
話を聞いた時、管理人は「蓄・発」という太極拳の力の出し方の事を思い出したので、これで試してみます。
相手の攻撃を吸い込むようにしてカカトに蓄え、カカトから一気にそれを発します。
ただ「発する」だけだと相手と力がぶつかって自分も飛んでしまうので、必ず相手の力を吸って「蓄」して、それを突っ返す感じです。

ポンポンと胸を押してもらい、蓄と発のタイミングを計ります。
そして、波長が合って力が入ってきた時、カカトから上に向かって発すると相手がポーンと弾かれます。
この「入って返す」のタイミングが難しい。

●アーチ型に崩す、引っこ抜く

次は「アーチ型の崩し」です。
相手を動かしたい時、水平に押しても下がるだけで崩れてはくれません。
そこで下から上に斜めのベクトルをかけてやると相手の重心が上がって崩れやすくなります。
そこから尾てい骨のやや後ろ斜め下に向かってアーチの方向性を与えると相手は後ろに下がれずに下へストンと倒れこみます。
むりやり上げ下げすると抵抗されますので、優しく撫で上げて、撫で下げるのがコツ。

今度は反対にアーチ型に引っこ抜いてみます。
Kさんの説明では、例えば垂直に立てた棒を2人で取り合う時、水平に引っ張りっこすると力の強い方に持って行かれてしまいますが、地面につけた棒の一点を中心とするアーチで上端を動かすと楽に押し引き出来るそうです。
この「アーチの軌跡」を利用します・

相手のカカトから自分のカカトにかけてアーチ型の線をイメージします。
そうしたら、その線に沿って動かすようにすると、相手をカカトから引っこ抜く事が出来ます。
これは大相撲でよく見られる技です。
「アーチ型の軌跡」は他にも色々と応用できそうです。

というような感じで、今回はメンバーがこれまで学んだ事を持ち寄って筋道を立ててみました。
こうした共有の蓄積によって、新たな展開が見えるのです。


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。