スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラマイゼロ、「虚」にする

毎年、この時期になると「なんとか集まりを維持できたな」と感慨深いです(笑。
これも参加して下さる皆さんのおかげです。

●プラマイゼロ

最初は管理人が学んできた柔術の概念から。
例えば相手の腕を取って地面に伏せようとする場合、どうしても前後に押す、引く、もしくは下に引きずり降ろそうとします。
しかしそれだと相手は察知して抵抗するので、上手く技がかかりません。

そこで柔術では、「その系の中の力の収支をプラスマイナス・ゼロにする」事を心がけます。
先の例で言えば、腕をヒネる時、肘と手首の方向を真反対に同じ力で回し、全体では力が打ち消されるような感じにすると、それが技に変換されるのです。

肝心なのは、その系から力が飛び出ないこと。
飛び出ると、それだけ力が逃げてしまっているので、ベクトルの変換がされず、変化が起こらないために無理やり新しい力を加えなければならなくなります。
この概念を利用して、今までずっと課題にしてきた「壁押し当て崩し」を出来ないか試してみました。

●「虚」にする

Kさんの発案で、相手に押された時の耐え方についての研究です。
一方が腕を伸ばして相手の胸に手を当て押します。
もう一方は胸を押されて後ろにひっくり返らないように耐えます。

これは普通にやると押している方が有利で、最後には押されている方の上体が後ろに反って負けてしまいます。
そこでKさんは、双方の力の分布に着目されました。
押している側の肩から腕、足は力を維持するために張っていますが、胴体部分はそれほど力んでいません。
むしろ「だる~ん」としています。
一方、押されている側は上体まで一本の棒になろうと力んでいます。
そのため、押している側は、棒の先端を持って上に押し上げてやれば、割りと楽にめくれてしまうという事になります。

そこで、押されている方も上体をだる~んと「虚」にしてはどうか、という提案を受けて実験してみました。
すると、どっちも力の分布が一緒なので、お互いに支え合って「人」みたいな形でバランスが釣り合います。
押しもされないが、押されもしない、という状態です。
これで押されている側がカクン、と膝を抜くと、押している方もつられて下に崩れてくれます。

実はこれは柔術や、太極拳の落下系の技の原理でもあります。
相手からの力を受けて釣り合わせ、自分から崩れる事で相手も崩してしまう、という「膝の抜き」「引進落空」という高度な技術への第一歩です。
技としてコントロールするには、力を真下に導く体の使い方を会得する必要があるんですが、実験してみて初めてそういう事に気がつきました。
さすがに目のつけどころがシャープなKさんです(笑。

他にも色々な素案が台上に登りましたが、みんなでどんどん検証していく間に別のものへと変化していったりで、管理人も覚えきれなかったので、全部ここに書けません。
その場にいた人だけが、実証を体感できたでしょうから、それを咀嚼して頂いてご自身の武術の参考にして下されば、と存じます。


これにて今年の稽古は全て終了。
ご参加頂いた皆様、1年間ありがとうございました。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。

この実験に加わりたい方も歓迎致しますので、お気軽にお問い合わせください。


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。