vs格闘技、足から入る、遊び取り

こないだ「足」について書かれた本を読んだのですが、足の骨の組み合わせが良くないと体全体に悪影響が及ぶそうです。
不安定さを補うために脛、膝、股関節などは無理なポジションを取らざるを得なくなり、さらにそれをフォローするために使わなくてもいい筋肉を使って体を強張らせてしまうのだとか。
こうなると体の実情と、脳のボディマップとの間に齟齬が生じ、「動かせ」「動きません」「動かせって言ってるだろ!」「だから動かないって言ってるだろうが!」という諍いが起きて、無意識にそれがインプットされて、全体がコンフリクトしてしまいます。

こういう状態で武術をやっても、パフォーマンスは上がらないと思います。
秘伝も大切ですが、もっと重要なのは体のメンテナンスの方ではないでしょうか。

●VS格闘技

前回、今回、と2週分まとめて書きます。
最初は先週やった伝統武術で格闘技とどう戦うか、という問題です。
こうした経験をお持ちのHKさん、HDさんにアドバイスを求めました。

フルコンタクト空手やキックも脅威ですが、スピードや変化という意味で厄介なのはボクシングだと思います。
拳で殴る事に関して世界中で研究されている競技であり、トレーニングも合理的で短期間にある程度の戦闘力をつけるならボクシングが第一選択肢に入るでしょう。

管理人も何度かマス・スパーをやらせてもらった事がありますが、足を使って軽やかに動き回る上に、コンビネーションを上下に打ち分けたりしてくるのに全然対応出来ませんでした。
何より、実際に打ち合う経験というか、コンタクト慣れしていて、度胸がついている所が決定的に違っています。

という訳で、ボクサーを仮想敵として、太極拳とか柔術でどう戦うか具体的に考えてみました。


●位置取り

続いて今週の研究は、Kさんのフィードバックです。
「位置取り」について考えてみました。

例えば、突然何か物が飛んできた時に、ピャッと体を捌ける人はよっぽど修羅場をくぐっています。
普通の人はとっさに手を出して顔を庇ったりするはずです。
それぐらい人間は手に頼っているのですが、武術をやる時にこのクセが出てくると技が効かせられません。
技が効かない原因のほとんどが手先だけでやろうとしているからだ、と言っても過言ではないと思います。

そこで、まず「手」じゃなくて「足」から始めるのが良いそうです。
技を効かせられる手と腕の位置とか角度というのは予め決まっていて、そこから外れると威力がガタッと落ちるので、最初に足を手・腕を有効に動かせる位置に置いて、さらに体をそこに持っていってから手を動かす、というプロセスを守る必要があるのです。
「そんなの当たり前じゃん」とおっしゃる方もいるでしょうけど、これをちゃんとやっている人は多くありません。
という事で、足を置く位置取りについて稽古してみました。

●遊び取り

これもKさんの研究です。
技を掛ける前に、予めフィニッシュの姿勢を作っておくとうまく掛かる、という発見です。
普通は体をフリーにした状態から技を掛ける体勢を作るのですが、その間に相手の力が入ってきたり、余分な動作で「遊び」を作ってしまったりするので、体中の「遊び」を取り除いておいて相手が触れてきたらダイレクトに技に入れるようにしておく、という事です。
相手に分からないように仕込んでおけばかなり有効でしょう。

達人は、こういう「遊び」のない体のパターンをいくつか用意してあり、状況に応じてパッと出せる様、体をシステム化しているのではないかと推察されます。
伝統武術で重きをおく、垂直な立ち方とか、軸を作るとかは、この遊び取りの基本形でしょう。


来月は第2週の7月8日(土)からのスタートです。
どうぞ宜しくお願い致します。



スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.