縮む・膨らむ

自分を客観的に見る、というのは非常に難しい事です。
武術の型でも同じで、自己イメージと実際の動作のギャップが大、という事はよくあります。
いつも先生とマンツーマンだったら直してもらえますが、そういう環境にいる人は相当恵まれていますので、普通は自分で何とかするしかありません。
管理人は時々、型をビデオに撮ってチェックしますが、「何だこりゃw」と笑うしかないものが写っている事がよくあります。

●縮む・膨らむ

Kさんがある講習会で功法を学んでこられたそうなので、レクチャーして頂きました。
呼吸を伴って胸・腹を膨らませたり縮めたりする、いわゆる「内功」です。
内功というと神秘的なイメージを抱かれ勝ちですが、大部分は体の動きにくい所を動かせるようにする鍛錬です。

重要なのは「限界と思っている所から”もうちょっと”頑張る」事だそうです。
出来る範囲でやっていると心地よくて健康法にはなりますが、武術的な鍛錬にはなりません。
ギリギリの所からほんの少しだけ限界を超える。
それが平気になったら、更にもうちょっと限界を超える。
この繰り返しが常人の壁を破るコツではないかと思います。

この「膨らむ・縮む」はあらゆる武術に共通する身体操作です。
柔術では息を吹き込むとピュルーと伸びる玩具の笛のような感じ、という表現をされますが、
「押す」のではなく、体の中から「伸ばす」
「引っ張る」のではなく、体の中へ「縮む」
のです。
「押す」だと手だけが前に出て体と手の間がスカスカですが、「伸ばす」だと体と手の間に詰まっているものがあるので容易に押し返せません。
太極拳では中に詰まっているのが「ポン勁」という力だと言っています。

打つのも蹴るのも全てが中心からの膨らみと縮みの延長、ではないかと思います。


●間をつなぐ稽古

伝統武術が現代格闘技と戦ってやられてしまう例が多々ありますが、これは伝統武術の経験不足から来るのではないか、という話をしました。
伝統武術は刀とか槍で戦う経験は積んできましたが、ボクシングとかフルコンタクトのように徒手でルールを決めて戦うという事は今までやって来なかったので負けるのは当然だ、という事です。

HKさん曰く、型をやっただけでいきなり自由な打ち合いをやるのは無茶なので、その中間が必要だ、という事なので、色々試して見ることにしました。

例えば古流の剣術では、組太刀といって2人で木刀を持って決められた型で打ち合う稽古があります。
油断すると大ケガしますから、攻め手も受け手も緊張感を持って稽古しています。
こういうお約束でありながら緊張感を伴う組み練習を積んでおかないと、自由にやり合う時に恐怖心ばかりが先に立って動けないのではないでしょうか。

考えてみると、今まで中国の武術とか日本の柔術とか色々教わりましたが、こういう組太刀的な練習ってあまりやった記憶がありません。
HKさんも、Kさんもやった事がない、とおっしゃっていました。
伝統派にはやはりこの当たりが欠けているように思います。

という事で、型と自由の間の約束稽古を今後のテーマの一つにして行こうと思います。
課題がどんどん増えていきますね(笑。


8月は5日(土)から開始致します。
宜しくお願い致します。




Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.