全体の力

「どんな事を教えてくれますか?」というお問い合わせを頂くことがあります。
この会は教室や道場というより「武術を練習する集まり」なので、指導したりはできません。
(メンバーが習得した事を教えあったりはしますが)

参加する人それぞれが自分自身で答えを見つけるためにお互い力を貸しあう、というのがコンセプトなので、単に習いに来て頂いてもご期待には添えないと思います。
他に良い教室がたくさんありますので、そちらでしっかり学ばれる事をお勧めいたします。
「武術未経験の方お断り」という意味ではなく、練習して自分で習得する意志が無いとせっかく参加して下さっても得るものが無いという事ですので、ご理解頂ければ幸いです。


●合気上げの研究

再び合気上げの研究です。
Kさんの発案で、上体をバネのように使う方法を試してみました。

相手に反応を起こさせる為にきっかけを与えようとするなら、相手の表面的な意識よりもさらに深く入っていくような方法が必要です。
手先だけでチョンチョン突いても「おおっ!?」というサプライズは返ってきません。
そこで、もっとグーッと相手にきっかけを浸透させるために上体をフルに用いてみることにした訳です。
2つほど細工を施しましたが、今回のメインはあくまで「上体のバネ」です。
それでフッと上げる事が出来るようにはなりました。

ただ、上がるには上がりましたが、抵抗できない状態にはなりませんでした。
本当に合気がかかって上がると、相手は手から腕、首、背中、腰、とヒキツケを起こした様に突っ張ってしまい、自分では動けなくなります。
こうなってしまえば投げるなり固めるなり自由自在です。
管理人が以前実際に技を掛けられた時は、「スジ」が一方向に伸ばされたままになってしまう、という感じを受けました。
掴んだ手の親指からロックが連動して背中の方まで固まる、とでも言うのでしょうか。
こういう状態が再現できなかったので、次回以降の課題としておきました。


次の稽古は9月21日です。
宜しくお願い致します。



スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.