スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再開の力

今年はタイトルに「力」と入れていますが、時々意味不明です。
適当に深読みして下さるとありがたいです。
管理人がお祭り委員から開放されたので、ようやく稽古再開です。

●いろいろ

今回はKさんがあちこちで学んできた事を教えて頂きながら研究してみました。
やりながら思ったのは、武術いろいろありますけど、結局どれも行き着くところは同じだ、ということです。

まずは、相手に腕を持たれて押し込まれた場合。
普通ならそのまま動けずに体ごと倒されてしまう所ですが、体の中をグリン、と動かしつつ、腕も捻ると、押し込んで来た力が捻った方向にずらされて逆に相手が崩れていきます。
腕単独で捻ってもダメで、必ず起点は体の中、です。

姿勢の秘密というのもやってみます。
足を大きく開いて腰を落とします。
この時、体の中でちょっとした操作を加えておくと、横から押されてもビクともしなくなります。
これをやらずに格好だけ真似しても絶対安定しません。
実に不思議です。

攻撃の力を受けとめる時には、体から足を通して地面に全て流してしまうのがベストです。
力のアースが出来ている人は、腰や膝が痛くなったりせず、足の裏に来るそうです。
正しい姿勢によってそれが可能になります。
この辺りは偶然発見するのは不可能に近いので、教わるのが一番ではないでしょうか。

『分からないようにちょっとずらす」という技も試みます。
相手が崩れた時に足が出てしまう様だと、技につながりません。
あくまで「分からないように」「ちょっとだけ」ずらすのです。
それは本当に微妙で、こんなので崩れるのか?と疑問に思うほどですが、そこがポイントなのです。
自分でも崩れているのが分からない所を狙って技を掛けていきます。

皮膚をずらす、というのもやってみました。
管理人が昔学んだ柔術には「薄皮一枚を動かす」というコツがありましたが、この技も同じです。
接した面だけを動かすのではなく、そこから離れた所も連動させると思わぬ効果があります。

管理人も前回の続きをやらせてもらいます。
「まっすぐ落ちる」を利用して、その力を全部相手にあげると、相手が下にグシャッと潰れる代わりに自分は立ったままでいられます。
心中しようとしたら、相手だけ死んじゃって自分は生き残ってしまった、みたいなものでしょうか。
この時、体幹は動かさずに力のみを相手に渡すのが難しい。

再開早々山盛りのメニューで充実した稽古となりました。

という所で今月はおしまい。
来月は9日から稽古開始です。
よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。