スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「間」の力

何かを極めようとする時、運が味方してくれる人とそうでない人がいます。
練習に専念できる環境になったり、いい先生に会ったりと、天の導きとしか思えないような偶然が重なる人は運が味方しているのでしょう。
こういう人はそれに乗ってズンズン突き進むべきです。

管理人などは逆に「これからだ!」という時になると何らかのトラブルが起きて継続が難しくなるのですが、これは「さっさとやめろ」という事なのか、それとも「困難を乗り越えろ」という天の意思なのか、判断に苦しむところです。


●強い角度

武術の型を見ていると、腕や足をある角度に曲げて攻防をしていることに気がつきます。
特定の角度を保っていた方が、ピーンと伸ばしているよりも外力に対して強いためです。
力学的にいうと分力とか合力がしやすい、という事でしょう。

社交ダンスの腕の開き方も同じだそうで、これを作るための器具まであるそうです。
効率のよい形というのはあらゆる運動に共通という事でしょう。

そんな訳でKさんの発案により、「強い角度」を保って技をかける稽古をしてみました。
腕を特定の形に保ったまま相手を弾き飛ばしたり、掴まれたところを巻き込んで倒したりします。
中国の武術では腕を曲げる角度などを厳密に守らされますが、それは強い角度は範囲が限られているからでしょう。

●「間」に落とす

この前からやっている脱力から相手を崩す練習です。
今回は両手を合わせた所から下へズボッと落とす技をやってみました。

両手を合わせることで中心に力が集まります。
そうすると力がひしめいて、どうしてもぶつかり合ってしまう。
脱力がうまく行っていないせいもありますが、詰まって下に落ちていきません。

そこでとりあえず両者の間に「落としどころ」を見つけて、そこへスポーンと嵌めるようにしてみました。
技の要求からしたら、この「落としどころ」は体の中をうまく動かして作り出すのだと思いますが、今回はそれが出来ないので仮にそうしてみた訳です。

相手とまともにぶつからないように、うまくパスを通して下に「落とす」。
応用するとこれまでの柔術や太極拳の技がガラリと変わりそうな気がします。


次回の稽古は30日です。
宜しくお願い致します。



スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。