テンションをかける

日本各地で記録的な雪に見舞われる中、静岡県西部は欠片すら降りませんでした。
(全部雨になってしまうらしい)
ありがたいような、つまらないような。

●テンションをかける

Kさんの発案で、腕にテンションをかけた状態からの合気上げというのをやってみました。
どこかがゆるんでいるとそこで力が逃げてしまうため、なるべく張った状態で技をかけるのです。
とは言え、力を入れるのとは違います。
力むでもなく、ゆるめるでもなく、パワーが伝達しやすいように「張っておく」のです。
この状態を作るのがまず難しい。

色々試してみて、肘や背中の辺りを落とすようにしてみると軽く動く事が分かりました。
上げる方はまだ研究が必要です。

同じく、張っておいて打つ打撃法もやってみます。
これは中国武術でいう「発勁」という打ち方に相当します。
普通は力を出すとき、弱→強というように加速度的にパワーを出していくのですが、これだと相手も受け止める余裕があって対抗されてしまいます。
そこで、Kさん曰く「弓をつがえるように」テンションをかけておいた状態でいきなり「強」で打つのです。

打撃の研究ついでに、Kさんから以前学んできたロシアの武術の打ち方もレクチャーして頂きました。
重い「ドスン」とくる打撃は、打つ方だけでなく受ける方のトレーニングにもなります。
受けるときに息を吐いて脱力しながら力を逃がすのですが、慣れないとまともに食らって痛い思いをします(笑。

その他、管理人が学んできた柔術の重心移動と下からの擦り上げを使った崩しなども練習してみました。


15日はお休みで、次回は22日に稽古です。
宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.