重心移動で崩す

体の感覚と言うのは伝え難いものです。
どこかが痛いとかダルいとか、そんな単純なものですら他人には分かってもらえません。
ましてや武術の先生が伝える微妙な感覚を、生徒が言葉だけで掴むのは困難極まります。

何年も経って「あの時先生が言っていたのはこういう事だったのか!」と気づくことがあります。
それは、体が先生に近づいて来たからなのでしょう。
体の方を「動かせる」様にならないと、いくら秘伝を学んでも技が表面的なものになるのではないでしょうか。
最近つくづくそう感じます。


●重心移動で崩す

久しぶりにメンバーのTさんが参加して下さいました。
一人増えただけでもずいぶん賑やかになります。

前半は管理人が学んできた柔術を練習してみました。
「重心の移動で相手を崩す」というものです。

普通、重心を移動するというと足から足へパッとやっちゃったりするんですが、それだと力が相手に伝わらずにどっかに行ってしまいます。
そこで、足裏から脚、股関節、もう一方の足、足裏、というように、力の経路を明確に感じながら移していくのです。
詳しくはこちらの先生の本やブログに書かれていますので、ご興味おありの方はご一読ください。

レインボー400改

今回はシンプルに掴まれた両手から力を伝えて相手をやや斜め上にリフト、そのまま下へ崩してみます。
いわゆる「合気上げ下げ」という技です。
力の移動を感じつつ、ゆっくりとやってみます。
手や腕は脱力させておきます。

何度か試みて、ちょっと困りました。
重心を浮かす「上げ」の方はわりとうまく行くのですが、ここから下に落とす時、途中で密着が剥がれて相手が逃げてしまいます。
色々試してみましたけど、重心移動だけではくっつけておく事が出来ません。
とりあえずKさんのアイデアを頂いて、腕の形とフィニッシュを工夫して落とすようにしてみました。


●密着落とし

後半はKさんの学んできたものを稽古してみます。
相手の侵攻を受け止めつつ、首や体を密着させて最終的に地面に貼り付ける技です。
コツは「やさしく触れる」です。
ガシッ!ギュッ!と接触すると、相手が反発を起こして逃げたり暴れたりします。
やさしく導いて「あれ?あれ??」と思っている内に這いつくばさせるのが理想です。
小学生の男の子に接する大学生のお姉さんのつもりでやるといいでしょう。

その他、間合いの切り方なども稽古してみました。

来週も引き続き稽古致します。
宜しくお願い致します。





スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.