「掌」を開く

今日の検証内容

・「掌」を開く


●「掌」を開く

前回の「手の開き」をさらに深く研究しました。

合気道、柔術などでは、必ず最初に「手ほどき」を習います。
文字通り掴まれた手を外す技です。
昔から一番初めに教える事をそう言いますから、ヤワラが成立した頃から「手ほどき」は最初に教えられていたと考えられます。

どの武術でもそうですが、一番重要な技術を一番最初に習います。
なぜか。
基本なのでそれを習わないと前に進まないという事もありますが、最初に習うとやる回数が多くなる、というのが理由だと考えられます。
その流派の根底的な最も身につけて欲しい技能だから一番最初に持ってきてたくさんやらせるのです。
極意と言われるものは初伝の中に隠されている、と言っても過言ではないでしょう。


話を元に戻しますが、「手ほどき」をする際に必ず「手を開け」と言われます。
今まで我々は手を開いていたつもりが、実は指を伸ばしていたのだと気づきました。

本当に開かなければならないのは、手の平、つまり「掌」の部分なのでは?

Mさんの発案により、実験をしてみました。


手首を掴んできたのを上に外す技をやってみます。
指ではなく掌を思いっきり開きます。
すると、これまでより体幹の力がダイレクトに伝わるような感じになります。

試しに今までの様に指を張るやり方で試してみると、掴まれた手首の辺りで引っ掛かる感じがします。

指を張った時、掌を張った時の腕の筋肉の動きを確かめると、掌を張った時の方が全体的に腕が太くなり、筋が密になって指で押してもめり込んで行かなくなります。
言うなれば自分で自分を硬直させて、体幹部と一体にしているような状態になるのです。

前回、手を張ると相手がそれに応じて掴む力を強くしてくる、という「反応」を確認しました。
それによって相手がそこに拘って一体化が起こることを発見した訳ですが、掌を張ることで自分自身も一体化を起こすのです。

例えばモーターの回転運動をシャフトを通じて所定の動きにしたい場合、モーターとシャフト、あるいはシャフトと動く部分の間にガタがあると、そこでエネルギーのロスが生じて予定していたパワーが伝わりません。
同じ事が技を掛けるときにも言える訳で、体幹からの力をダイレクトに相手に伝えるためには、どこかにガタがあってはいけません。
それを無くすのが「一体化」です。

自分にも相手にもゆるんでいる所が無いようにする。
掌を張る事で相手に反応を起こさせると同時に、自分にも体幹との一体化を起こす訳です。

これまで習ったいろいろな技を「掌」を張ってやってみます。
どれもこれまでになく、良い感じの「キレ」が出てきました。
もう一度初めから見直さなければなりません。

前回試した「合気上げ」を同じように試してみます。
「掌の張り」によって手から体までの一体化が進みましたので、それに「腰から相手の首までの衝撃波」を加えてみます。
モジモジくんとかピョン吉になったつもりで、腹を相手の首めがけてぶつけるイメージです。
これをやられると、首にすごいショックが来てひっくり返りそうになります。
この逆ピッチがかかっている間にローリングなどのベクトルを与えると、相手は合成された方向に投げられていきます。

「合気上げ」には肩胛骨周りの回転も必要で、肩周りが固い管理人はスムーズに行えませんでした。この辺りを柔らかく動くようにしていく方法も研究課題です。


今回は基本中の基本で、最も重要な事項を発見しました。
今後の発展が非常に楽しみです。

スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.