斜面を使う

世の中にはいろいろな資格がありますが、プレミアムが付くものほど取得が難しいものです。
例えば弁護士とか医師は、ちょっとテキストを読んだぐらいでなれるものではありません。
それまでの自分を超える力をつけなければならないのです。

武術も似たようなものだと思います。
誰でも簡単に出来る技は、自分が現在持っている力を活用するだけで再現できます。
だからそればかりに頼っていると、いつまでも枠内に留まってしまい「今の自分」を超えることは出来ないでしょう。
本当の達人の技は、自分の殻の外側にあると思います。


●斜面を使う

今回は太極拳の技をいくつか練習してみました。
まず、胸を押されたり打ってきた場合に、逆に相手を崩す技。
相手に十分押させて胸と相手のテンションをキープします。
そして上体を後ろに倒しつつ、両腕で下から相手の手を軽くすくってやると、上体で作った斜面に相手が引き寄せられて崩されます。
あとは左右に放り投げるなり、胸ではじき返すなり、自由です。

上体を傾けるとき、腰が折れると上からつぶされますので、体はまっすぐを保ちます。
相手の手を払う腕は、肘をうまく使って胸の表面を軽くなでるようにしないと、相手が崩れてくれません。

次は腕で斜面を作って相手を弾き飛ばすのをやってみます。
相手が両腕を押さえ込んで来たとき、すかさず腕全体で浅い角度の斜面を作り、それをキープしたまま前に進みます。
すると、斜面に前進する力が加わって、相手が斜面沿いに浮き上がっていきます。
ちょうど「ラッセル車」を思い浮かべてもらうといいでしょう。
腕は決して動かさず、そのまま体で前進するのがコツです。

●開合で吹っ飛ばす

腹を押されたのを腹圧で吹っ飛ばす技をやってみました。
一旦押す力を「受け入れて」、わずかに崩した後にフッと腹を膨らませると飛んで行きます。
一見風船でボーン、とやっているように見えますが、単に腹を張ってボーンとやっても飛んで行きません。
必ず相手を「受け入れる」事が必要です。
「いらっしゃ(凹む)ーーーいっ!!(張る)」
という感じです。
胸も同じです。
両手で胸を押してきたら、一旦胸を凹ませて相手を「受け入れ」、そこからパーンと張って飛ばします。

どちらも「開合」という動作が入っています。
腹を凹ませて膨らませる、胸を凹ませて張る、という身体操作です。
「蓄・発」とか「束・展」とかいう流派もあります。
凹まして「受け入れる」時に相手の重心と力の焦点をずらし、崩れた所を弾く訳です。

●スネを真っ直ぐに

最後は管理人が学んできた柔術です。
重心移動で相手を崩すのに後ろから前に重心を送るのですが、この時、送られた方のスネを地面に対して垂直に立てなければなりません。
これが出来ないと根本的に崩れない。

何度かやってみましたが、どうもうまく行きません。
立てている脚が邪魔しているような感じがします。
自分がやられた感じは思い出せるのですが、それを他の人相手に再現出来ないのがもどかしいです。

しかし、習得が難しいからこそ取り組みがいがあるというものです。
簡単に手に入るものは、価値もそれなりですからね。
上手く行かない事を上手く行かせる様に励むのも楽しみの一つです。

来週は都合により中止なので、次回は7月5日から開始です。
その後は12日、26日、と続きますので、お間違いのないように。




スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.