スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腕無しの達人

私たちの稽古を全く関係ない人が見たら呆れるでしょう。
なんせ「アーダモちゃーん」とか「パイルダーON」とかいい大人がやっていますので、汗を搾って必死に練習する人たちから見たら「ふざけるな!」と言われるかも知れません。

しかし、ここが道場でも教室でもない、どこの団体の何流でもないただの練習サークルの良い所です。
(悪いところかも知れませんが)


●重心を操作する

Kさんと管理人で学んできた事が一部かぶっているので、まとめて書きます。
まず、管理人が学んできた柔術の重心移動による崩し。
Kさんが色々と考えてきて下さいました。

後ろから前に重心を移動して相手を崩す際、アーチ型に移動させるよりも、先が尖った形を描く方がうまく行くみたいです。
マジンガーZの「パイルダーON」という感じです。
これだと腰が崩れる感じが出ます。

次は重心の操作を何種類かやってみます。
崩しを掛ける時には、手先でいくら動かしてもダメです。
自分の体をうまく利用しなければ、相手の体も動いてくれません。
Kさんにまず自分の重心の移動のさせ方をレクチャーして頂きました。

一番簡単な重心移動は、姿勢を低くする事です。
これは相手と組み合って相撲をやってみれば分かるでしょう。
そこから一歩踏み出して、イメージで自分の中の重心を移動させる方法をやってみます。
これを使用前、使用後、というようにやり比べてみると、違いがハッキリ分かります。
面白いのは体をブラブラさせてイメージを解除するとすぐ元に戻ってしまう事です。
ちょっとした想像力が実体に影響を与える非常に興味深い現象です。

●腕を使わない

これもKさんと管理人が学んできた事が被るので一緒に書きます。

人間の体で最も器用に動くのは「手」です。
だから手で何でもやろうとします。
その手を体につないでいる「腕」も同じようによく使います。
良く動いて、そこそこパワーもあるので、たいていの人は手と腕だけで何でも片付けようとします。

しかしあまりに便利すぎるため、相手を投げ飛ばすとか殴り倒すといったパワーが要る仕事でも手と腕に頼ろうとしてしまいます。
武術では、このクセを取り去る事が必須です。
手や腕は伝達するだけで動力は体から発するのです。

Kさんからは、手と腕を独特な形にして「あえて使えなくする」事で背中からの力をダイレクトに伝える方法をレクチャーして頂きました。

管理人が学んできた柔術からは、手と腕を脱力で相手に持たせておいて、背中を動かす事で崩す技をやってみました。
その他「打ち込み捕り」という型を練習してみました。
頭に振り下ろされる手刀を両手で受け、ポイッと横へ放り捨てます。
これも相手の腕を掴んで引きずり倒すのではなく、皮を軽く挟んで体を横回転させるだけです。
かなり古いですが「アーダモちゃーん!ぺい!」という感じでしょうか。
あくまで体が主体で、手と腕はそれをアシストしているだけです。

太極拳では「手や腕は車で言うとバンパーであり、バンパーだけ勝手に走って行ったりしない」と説明されます。
鄭子太極拳の創始者・鄭曼青という人は小柄で痩せていたにも関わらず、でかいアメリカ人たちを軽く吹っ飛ばしたり、自由自在に捏ねくり回したりして周囲を驚かせていたそうですが、弟子がその秘密を教えてくれ、と頼んだ時にこう言ったそうです。

「別に秘密なんかない。腕が無いものと思えばいい」

そのため鄭曼青氏は「腕無しの達人」と呼ばれたそうです。
まさに全ての武術に通じる秘訣と言えるでしょう。




スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。