ちょっと

この会はメンバーそれぞれが学んでいる武術の技の受けを取ってもらったり、研究したりするのに協力し合う集まりです。
色々な武術が持ち込まれるのですが、具体的な流派名を出すと面倒が起きそうなのでここには書けません。
そのため「柔術」とか「古流空手」とかの表現になる事をご了承ください。
(詳しい内容を知りたい方はメールで直接お問い合わせください)

●ちょっとした動き

今回のテーマは「ちょっとした動きの中に秘められたものを探す」です。
まずは講習会を受けてきたKさんのレクチャーから。
太極拳の型の中に重心を移動しながら腕を回す動きがあります。
腕を動かしているだけに思えますが、いくつか注意する点があって、これを守らないとやる意味がなくなります。
いつものように観察力が鋭いKさんが、講師の先生の動きをよーく見ていて「ちょっとしたコツ」を抽出して教えてくれました。
これを織り込むと、ただ腕をグルグル回しているだけの運動が、肩、胸を含んだ身体の連動になり、顔を守るなど武術的な要点も満たされます。

次は「斜め」→「正面」の動きです。
Kさんのレクチャーを起点に、気が付いたことを色々検討してみます。
壁にぴったり背面をくっつけた状態で、一方の腕を両手でがっちり掴んで動かない様にしてもらい、まず普通に掴まれた腕を押し出そうとします。
かなり力がある人でもなかなか動きません。
しかし、掴まれていないもう一方の手で軽く相手の肩に触れながら押すと、掴んでいる相手の体ごと動かせます。

これに近いのは太極拳などの拳法の中にある「斜→正」の動作です。
よく左手を前にして腰に構えた右手で打つ、という形を見かけますが、あれは単に左でガードして右でパンチするだけの意味ではなく、体を斜めから正面に動かす、という体の操作法が含まれていると考えられます。
それも体を中心軸沿いに回すのではなく、「斜めの体勢を正面に戻す」という感じでやると得体の知れない力を生み出すことが出来ます。
左前構えの例で言うと、右パンチを出し終えた時に両肩が正面に揃っている、という感じです。
やり過ぎて右肩が前に出てしまうと、体が捻れて力がどこかに逃げていきます。

「ほんのちょっと」の動き・コツに武術の妙が潜んでいます。
言うなれば「微妙」です。
微妙をバカにしてはいけません。
一円玉だって一億枚集めれば一億円になります。
「ちょっと」の積算が驚異の技につながるのです。

次回は8月23日です。
よろしくお願い致します。



スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.