スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんのわずか

先日練習を見に来られた方々がメンバーに加わって下さいました。
ありがとうございます!
皆さん鋭い視点をお持ちなので、今後の展開が楽しみです。

●わずかな動き

今週はKさんのターンです。
講習会で教わってこられた事を題材にみんなで練習してみます。

太極拳で構造的に強い状態を保つ事を「ポン勁を張る」と言うのですが、それを投げ技に応用します。
まず、両腕で大きな樽を抱えるような形を作って、その腕を掴んでもらいます。
その樽を抱えた感じを保ったまま横に体を向けると、相手が離れずについてきて、投げられます。
この時、両腕の張りに強弱が出来ると失敗します。

次は「重心の崩し」です。
立って両腕を掴んでもらい、掴まれたほうは相手に分からない程度、ほんのわずかだけ重心を一方に寄せます。
そこへ足踏み込んで、自分と相手の足の間に軸を作り、これを中心にコマのように相手を回転させます。
柔術でやる「合気投げ」に似ています。

ここで重要なのは「ほんのわずかだけ動かす」事です。
相手に分からないように、ちょっとだけ、です。
そんなちょっとで相手が崩れるのか?と思われるでしょうけど、人間は微妙なバランスの上に立っているので、気付かない内に均衡を乱されると簡単に転びます。
逆に大きく動かすと感知されて無意識に立て直されてしまいます。
頭と体の認識のちょっとしたギャップの範囲内で動かすのです。
倒れてきた木を受け止められないように、崩れて加速がついたらあっという間に倒れます。
そのきっかけを作る訳です。

とはいえ、その「ちょっと」をどうやって動かすかが難しいんですが(笑。

●ロック技

その他、いくつかロック技もやってみました。
ロック技というのは別に関節を極めている訳ではないのに、どん詰まりになって逃げようがなくなる状態にする方法です。
(他に呼びようがないのでこう仮称しておきます)
体を「く」の字にしてロックさせたり、窓拭きの様に相手の掌を釣ってロックしたり、腕から腰にかけて縫い付けたり、色々です。
こうやってロックしてしまうと、後は倒す方向が決まっているので落とすだけです。
体の構造上、動きが取れなくなったり、力が入らなくなる形があるみたいで、不思議です。
自分と相手との間に一定のテンションを張り続けておくのがポイントになります。

太極拳には「粘(ねん)」という概念があります。
これは粘りつくように張り付いて相手を封じてしまう技術のことです。
王宗岳という人が残した「太極拳論」という経典の中に、
「我・順、人・背、すなわち粘」
という記述があります。
「我(自分)が順(動きに滞りがないこと)で、人(相手)が背(動きが滞ったりブツ切りになること)の時、粘になる」
という意味らしいですが、ロック技は「粘」のヒントになるのではないか、と考えております。

「粘」が出来れば、相手を殴ったり関節を極めて激痛を与えたりしなくても封じ込めるので、護身術としても有効なのではないか、と思います。


来週9月28日は、都合により19時30分ぐらいから開始の予定です。
申し訳ありませんが、ご参加の皆様、ご承知おきください。
宜しくお願い致します。







スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。