スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柔軟運動

今、各地で選挙をやっていますが、投票に行かない人たちが理解できません。
特に自分たちの住む地域の代表を決める選挙は、道をどうするとか医療をこうするとか、結果が直接自分たちに返ってくるのに大丈夫なのか?と心配になります。
社会に積極的に関わるのも護身術の一つだと思いますが、いかがでしょう?

●PNFストレッチ

今回はIさんのレクチャーです。
体操競技をする前に行う柔軟運動を教えて頂きました。

柔軟というと痛いのを我慢してグイグイ伸ばすというイメージがありますが、此度レクチャー頂いた「PNFストレッチ」は筋肉の性質を活かした無理の無い方法で、即効性があります。
PNFは元々脳障害の後遺症をリハビリするためのメソッドで、理学療法士など医療に携わる人たちの間では普通に行われている訓練法だそうです。

まず現状を確認します。
管理人はとにかく体が硬くて、立位前屈で指先が地面に着きません(笑。
そのため柔軟運動などもキツくてやってられないので、ますます固まっていく傾向にあります。

そこで最初に基本的な座位の柔軟をやってみます。
座って足を前に伸ばします。
ここから体を前に倒していきますが、普通のストレッチだととにかく手を足のつま先に着けようと思って背中を丸めクックッとやろうとしますが、この方法だと何十年やっても体は柔らかくならないそうです。
背筋を伸ばし、骨盤を折り目にグーッと持続的に倒す必要があります。
この前提を踏まえて、Iさんに補助して頂きながら前屈をやってみます。

まず、背筋を伸ばして自分の力だけで前に倒していきます。
グーッと前屈して6秒。
次に、Iさんが後ろから押してくれるのに対抗するように押し返して6秒。
最後に脱力して押されるがまま前に体を倒して6秒。
これを3セットです。
自分で体を倒した時にはこれ以上曲がらないと思っていたのに、最後に押された時にはそれ程苦痛を感じずにもっと前に前屈できるのが不思議です。

筋肉というのは必ず曲げ側と伸ばし側が対になっています。
一方に力を入れて曲げるとき、もう一方は伸びてバランスを取りますが、一方をあまり使っていなかったり、使いすぎて双方緊張してしまっている場合はバランスが崩れて思ったように動きません。
車でいうとアクセルを踏みながらブレーキも踏んでいるようなものです。
そこで、中間に「対抗する」という刺激を入れて筋肉を騙し、バランスを取り戻した所で本来の運動をさせるのがPNFの理屈だそうです。

開脚でもやってみます。
座って足を開き、一方に体を倒しますが、右に倒すときには右腕を折りたたみ、左の手で右足のつま先を触りに行きます。
6秒ずつのテンポは同じ。
これも今までからしたらずいぶん可動域が広がりました。
一緒にやっていたHDさんも普段「体が固い」とかおっしゃっていますが、わずか1時間あまりの内に足の裏側を掌で触れる程にまで柔らかくなっていました。
管理人もそこまでではありませんが、「もしかしたら自分も体柔らかくなるかも」と希望をもてるぐらいの効果がありました(笑。

基本的にPNFは2人で行う方法です。
特に後ろから補助する人は力加減や押す場所などを分かっているトレーナー的な役割があるので、訓練が必要だと思います。
今回はIさんという専門家がリードして下さった事もあって効果が上がったのでしょう。

その他、肘周り、肩周り、一人で行う足、臀部周りのストレッチなど丁寧にレクチャーして頂きました。
これらで重要なポイントは「負荷を持続してかけること」と「ハマる感覚を得ること」だそうです。
「負荷の持続」は、無理のない力で伸ばし続けるという意味で、これをやっていると「ふーっと固まりが離れていく感覚」が現れて、実際に可動域が広くなるとのこと。
「ハマる」というのは、伸ばしたときにあるべき所にカチッと腕や足がはまり込んで構造的にベストな状態になる事だそうです。
ここらへんは武術の技とも関連が深そうです。

色々興味深いお話も伺いました。
例えば、体操で「側転→バク転」という連続技がありますが、バク転が怖くてなかなか前に進めない人には、まず補助をつけながらバク転を克服させるのだそうです。
すると全体的に技が出来る様になるとのこと。
この技では実はバク転の前の側転が重要で、先が詰まっているとその前も萎縮してしまって全体的にダメになるので、とりあえず先の方を何とかすることで本質的な部分も伴って解決される、という事らしいです。
これは武術の習得においても参考になる考え方です。
どうしても上手くできない技があるとき、とりあえずそこはスルーして先に進むといつの間にか難題の部分が出来る様になっている事があります。
あまり部分に固執せずに全体の流れを大切にした方がいいのかも知れません。

といった所で4月の稽古も終了。
ご参加頂いた皆様、どうもありがとうございました。

5月は9日、16日、23日、の連続3週を予定しております。
どうぞ宜しくお願い致します。





スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。