殻から攻める

護身術にも色々ありますが、一番の基本は「危なくならないようにすること」でしょう。
国民を要領を得ない説明で騙し、やりたい放題やってる連中をそのままにしておくのは、安全保障どころか「危険保障」になってしまうので、目を光らせておく必要があります。
規模の大小に関わらず、私たちは「護身術」を身に付けておかなければならないと思います。

●外殻攻め

前回やった「腕の外側を平行」を、さらに研究してみます。
具体的な例をいくつか挙げながら効果を確認していきました。

昔、学んだ大東流の技に拍手で首を攻める、というのがありました。
これは手首を掴まれる瞬間にパーンとこちらから相手にショックを与え、その反射を利用して投げたり崩したりするという理屈なんですが、攻めていく時に思ったように衝撃を与えられなくて技がうまくかかりませんでした。
本当に効いた時にはムチウチになってしまうぐらい首に来る技で、管理人がこれを先生に掛けられた翌日は文字通り「首が回らない」状態になりました。

観察眼の鋭いKさんから、「腕の外側を平行に」を使えばこの技が出来る様になるのではないか、という提案を受けてやってみる事にしました。
今までは腕の内側を平行に揃えていたんですが、腕の外側を平行にしてみます。
それでパーン、とやってみたら、上手い具合に首へ衝撃を加えることができました。
中央へダイレクトに衝撃をかけるよりも、外側を経路にして周りから力を加えた方が首ガックンになります。
予測不能な方向からの衝撃に対応できないから、と考える事もできます。
別の流派からのヒントではありますが、解決の糸口が見つかって喜びもひとしおです(笑。

さらに太極拳でもやってみます。
太極拳の重要な技術の一つに「ポン勁」というのがあります。
これは強い構造を作るための方法で、よく皮のボールに例えられます。
ボールを張る空気がポン勁、と言ったり、ボールの張った状態そのものを指したりしますが、今までは内側から外側へ、という意識でやっていたのを「腕の外側並行」を使って外側で張ってみました。
すると、これまでとはちょっと違う感じになったのです。
別に力を入れている訳でもないのに、剛性が高くなったかの様です。

外側並行で太極拳の型をやってみると、今までなんか違うな、と思っていたのがしっくりくる感じ。
というか、本来はこれが正解だったのでは?と思える程です。

柔術のコツがここまであらゆる武術に広がりを見せるとは驚きです。
この体の外殻を攻める「攻殻」は更に研究を進めて行こうと思います。




スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.