トレンドは相撲

夏の道場で最大の試練は暑さですが、もう一つ難敵が存在します。
それは「蚊」です。
窓を開けっぱなしにしているので、潰しても潰しても新手が襲ってきます。
稽古が終わる頃にはそこらじゅう刺されまくりです。
飛んでくる蚊をイージス艦みたいに全部撃墜出来るようになりたいです。

●腰周りの可動性

人間には固まりやすい部分が2ヶ所あります。
肩周りと腰周りです。
肩周りは腕・手という器用でよく動く部分が先端にくっついているため、横着して動かさなくなります。
しかし意識して動かす様にすると可動域が広がります。
管理人はこないだIさんにストレッチを指導してもらったら一回で腕が良く上がる様になりました。

問題は腰周りです。
この場合の「腰周り」とは腰骨から股関節までの範囲を指します。
Iさんの説明によると、この辺りは色々な筋肉が複雑に影響し合っているので、どこかを緩めれば柔らかくなるというものではないそうです。
一例を挙げると股関節はジョイントの辺をツルツル動くようにしただけではダメで、それを引っ張っている大腿の筋肉も緩めなければならないし、股関節の上にくっついている筋肉も調整が必要とのこと。
単純なストレッチでは可動を良くできません。

そこで注目したのが相撲の伝統的なトレーニング方法です。
相撲は強力な推進力にばかり目が行きがちですが、そのパワーを支えているのは体の柔軟性や靭性です。
「四股」を踏むと腰周りを柔らかくしつつ、地面からの反力を受け止める筋力を養成できるそうです。
そんな訳で、今、メンバーの間で相撲にアツい視線が注がれています。
相撲の伝統的な鍛錬に詳しい方がいらっしゃったら、ぜひ武術練習会の仲間に加わってください(笑。

●架空線の技

管理人が柔術で教わってきた事を実験させて頂きました。
もしかしたら秘伝に関することかも知れないので、ぼかして書きます。
あしからず。

グッと片手を握り込んでガッチリ構えた人を、イメージで架空線をつくり、下に崩します。
相手をどうこうしよう、とか、自分がどう動こう、とか考えず、ただ線がサーッと上から下に落ちる様をイメージして、その線上に相手の拳があるとガクッと相手が下に崩れ落ちるのです。
管理人は何回やってもうまく出来ませんでしたが、柔術の先輩の女性の方は実に見事に崩してくれます。
コツは「しっかりイメージする」だそうです。
Kさんと組んで色々とアイデアを出し合ってやってみましたけど、お手本のようには出来ませんでした。

もう一つやってみます。
これは「カカトtoカカト」の投げ技です。
まず自分のカカトから背中と腕を経由して、相手のカカトまでつながる線をイメージします。
そして、カカト→背中→腕→相手の腕→相手の背中→相手のカカトという流れを意識し、今度はその流れを逆に自分の方へ持ってきます。
そして自分のカカトまで持ってきた所で、ひょい、と足をどけると、その流れにつられて引っ張られてきた相手が足元に吸い込まれて転がります。
明確な線のイメージと流れの意識、それと相手とくっついている実感、下に落ちる感覚が必要です。
相手が力で引き込まれた感じがしなかったら成功です。

太極拳にも線をイメージした技術があります。
四隅(しぐう)というベクトル合成の方法で、練習会で開発した「レツ落とし」はこれを応用しています。
平行に逆方向の直線が行き違う「採(サイ)」、交わらない直交する力を掛ける「列(レツ)」、1点に集中する「肘(チュウ)」などがあり、打撃から化(受け流し)、投げ技まで太極拳の技は四隅と、その原型「四正(しせい)」で成り立っています。
こちらもいくつかの技を練習してみました。


といった所で7月の稽古は終了です。
ご参加頂いた皆様、どうもありがとうございました。

8月は1日、8日、22日、の3回を予定しております。
宜しくお願い致します。



スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.