立つ、つなげる

武術を行使する時というのは既に人生の危機に陥った状態です。
どっちが悪いとか関係なく相手も自分も平穏な暮らしが出来なくなる可能性があります。
最も優れた戦略書とされる「孫子」が、実は「いかにして戦わないか」を追求した書である事からも、争いは極力避けるべきだと言えるでしょう。
(外交努力もせずに戦争準備をしたがる、どっかのアホ首相には是非読んで頂きたいです)

永遠に使う事が無いかもしれない技術を磨く、と言う相反性が武術にはあるのです。

●ニュートラルに立つ

武道の立ち方と言うと、アゴを引いて軸をまっすぐにしたピシッとした姿勢、というのが一般的なイメージでしょう。
しかし本当にそれが正しいのか?というのが今回のテーマです。

極端な例から試してみます。
例えば軍隊式の「気をつけ!」のピシッとした姿勢から、前でも後ろでもいいのでパッと素早く動いてみて下さい。
まず一端緊張を解いてからあたふたと動く事になると思います。
そりゃあ「気をつけ」からじゃ動きにくいに決まっているだろう、という人は、何でもいいので武道の構えから同じ事をやってみてください。
普通の人はやっぱり一度緊張を解くような「間」が生じると思います。
つまり「立つ」に全力を注いでしまっていて、動くためのリソースが残っていないのです。
動く変化こそ重要な武術にとって、「立つ」方は必要最小限の力しか使ってはいけない、という事になります。
そこでKさんのレクチャーを元に、動くために無駄のない立ち方を追及してみました。


●つながる

以前にも少しやりましたが、管理人が柔術で学んできた重要な技術「つながる」について取り上げました。
徒手でのコンタクトをする場合、相手と空間的に離れていたら影響を及ぼせません。
しかし接触していても、こちらのアクションが向こうに伝わらなければ技になりません。
一人芝居をしているだけになってしまいます。
そこで、いかに相手を自分とつなげるか、が問われます。

それも、自分は相手とつながっている意識があり、相手はそういう意識がない、という状態でないと、こちらから力を作用させる時に察知されてしまいますので、この感覚を身に付けるのは結構難しいのです。
そこで、練習法のひとつとして、こちらがワザとバランスを崩している所を相手に支えてもらって「釣り合い」をとってつなげる、というのをやってみました。

これは先月も一回やりましたけど、形としてやってみただけで「つながる感じ」が掴めませんでした。
肝心なのはその「感じ」なので、それを再現出来るように何度か試みます。
「つなげる」を実際に使うとき、いつも自分を不安定にしておく訳にはいかないので、普通に立っていて「つながる感じ」だけ再現したいです。

管理人の私見では、この柔術の「つながる」というのは、太極拳の「粘(ねん)」という相手に張り付く技術に似ていると思います。
他にも「念流」という古い日本の剣術は、相手の刀に自分の武器をひっつけて封じてしまう技があるそうですし、剣道を長年やっている人の中には竹刀をくっつけてしまい、相手が外そうともがいている所を巻き小手とかでビシーッ!と打ったりする使い手がいるそうですから、パワーやスピードに頼らない武術には「つなげる」が必須なのかも知れません。








スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.