スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱力と呼吸

武術の同好会をやっているのになんですが、こういうのは積極的に人に勧められない趣味です。
前回も書いたように、一生使わない方が良いものを一生涯練習するという矛盾があるからです。
得られるものは自己満足ぐらいです。
やや物騒になったとはいえ、日本で普通に生活していれば暴力沙汰に巻き込まれる事はほとんどないですし、他にもっと楽しい趣味がいっぱいあるので、やるならそちらをおすすめします。

ここまで言われて、
「だからなんだ。やるったらやる、何と言われてもやる」
という人だけが武術をやったらいいと思います。

●脱力

今回はHDさんのレクチャーを元に脱力と呼吸について研究してみました。
まず脱力です。
あおむけに寝て、その上にもう一人が柔道の横四方固めみたいに乗っかります。
これで下になった人は力を入れず抜けるよう試み、上に乗っかっている人は力で抑え込むのではなく、脱力する事で下にいる人を封じ込めます。

やってみると分かりますが、完全に力を抜いて上から被せられるとなかなか抜けることが出来ません。
なんかもがくほど張り付いてくる感じです。
ここから脱出するには、HDさんによると腰を力を入れて固めないよう気をつけつつ、蛇みたいにヌルヌルと抜けるのがコツ、らしいです。
上に乗っかる方はとにかく力を抜いて、相手の抜ける方向にドロリと被さっていくと封じ込めます。

●呼吸

続いて呼吸です。
HDさんが学んでいる護身術は呼吸を重視するそうです。
歩きながら吸って、吐いて、を1回ずつ、これが慣れたら今度は2回ずつ・・・と回数を増やし、最終的には1歩歩く間に15回ずつ吸って吐いてを出来るようにするそうです。
(かなり難しいですね(笑)
また、打たれた時は吸って吐いてを素早く何回も繰り返してダメージから回復したりします。

どちらかというと太極拳などは自然な呼吸であんまりうるさく言われた事がありませんけど、実際に技を運用する時には呼吸をうまく使う事があります。
例えば相手の呼吸を自分のと合わせてしまい、それで重心の位置を操ったりする技術があります。
また、相手が吸いきる瞬間、もしくか吐ききる瞬間を狙って攻撃すると、非常に大きなダメージを与える事ができます。
(横隔膜をどうこうするみたいです)
しかしこういうのは秘伝に属するもので、なかなか全貌が見えません。
悪用されたら危険なので、そう易々と教えられないという事かもしれません。


今月は22日にもう一回稽古を予定しております。
暑くてうんざりするかも知れませんが、よろしくお願い致します。



スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。