ナンパ師の手法

「武術練習会は決まった練習をするでもなく、教室でもなく、マニアックな事をしている謎の集まりだ」
という感想を頂いたのですが、正しくおっしゃる通りでしょう(笑。
参加者それぞれの課題を仲間の力を借りて解決する場、というのがコンセプトなので、練習場でもなく教室でもなく、あえて言えば「実験室」とか「研究室」が近いような気がします。
管理人もあんまり深く考えていないので、メンバーみんなでやりたい事をやりたい様にやって、ついでに何か得るものがあればいいんじゃないかと思います。


●落下とカカトの意識

今回はHDさんと2人での稽古です。
管理人が柔術で学んできた「落下」を試させて頂きました。

腕を落下させて相手を崩す時、単純に脱力しても相手と自分の肩の間に腕がぶら下がるだけです。
そうではなく、肩口から順番に砂時計のようにサラサラ、と力を抜いてみなさい、というアドバイスを受けたので試してみました。
同じように体全体ではカカトから順番に下に崩れるように、という意識が必要です。

しかし言うに易し、でこれを実現させるにはいくつもハードルがあります。
姿勢をまっすぐ保ったまま、体の内部を居付かせない、というある意味矛盾した事を同時にしなければなりません。
それと「相手とつながっている感じ」が必須です。
これらの「感じ」がなかなか掴めない。
まだ先は長そうです。

「カカトの意識」は、重みを常にカカトで受ける方法で、立つときに足の裏をペッタリ地面につけるよりもカカトが刺さっていくようなつもりの方が外力にも発力にも強いとされます。
色々試してみました。

●「なんにもしない」

HDさんからは、思わぬ威力を発揮するパンチを教えて頂きました。
相手を打つという意識を無くし、単に拳が鉄球になった、というイメージだけを抱いて「当たってしまった」という感じで相手を打ちます。
普通にパンチを打つとなると、相手は敏感にそれを察知し、体の表面を固めて防御してしまうので相当強く打たないとダメージを与えられません。
しかし、「打つ」という意識を抜くと、相手からも防御の意識が薄れて緊張がなくなります。
そこにハンマーみたいなイメージの拳を飛ばすと、不意打ちみたいな感じになってズボッとめり込みます。
ナンパの達人が「なんにもしないよー」と女の子を安心させて接近し、やることはしっかりやってしまう、みたいな感じです。
格闘技の試合で、軽くはたいただけのパンチでKOになってしまうのは、こういうナンパ師の奥義を無意識にやっているためではないかと思います。

●指圧

管理人が現在学んでいる柔術には指圧の体系が含まれています。
浜松の道場では稽古時間の半分が柔術の技で、もう半分は指圧の講義と実践でした。
亡くなった先生がよく「技も指圧も最後に行き着くところは同じ」と言っていたのですが、体の芯に向かって作用させる、という辺りがそうなのかな、と感じております。
そんな訳で、HDさんに実験台になって頂き(笑)、久々に指圧をやらせて頂きました。

聞いた話だと、相撲部屋で最も恐れられているのは親方や先輩よりも力士たちをケアしているマッサージ師や整骨の先生たち、だそうです。
力自慢の力士たちも体を知り尽くした手技士の攻めには敵わない様で、技と指圧が最終的に同じところに行き着く、という話が妙にリアルに感じられました。


今月は来週もう一回やりますので宜しくお願い致します。


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.