スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらすじ・2

練習会の稽古は、習ってきた型の研究と、課題持ち込みによる応用問題の2ラインで進めています。

管理人・南斗星君とMさんは同じ道場で柔術を学びましたので、その復習と、より深い理解を目指してあれこれ試しています。
他にもMさんは合気道を、管理人は大東流という柔術をそれぞれ習ったので、それらの技をいくつかピックアップして練習したります。
「ベクトル合成」、「ゼロ化」、「一体化」、「反射の引き出し」、などの原理はこれらの武術の中から抽出されたり、逆に技に当て嵌めて実証したりしました。

応用問題の方は、「ある状況にどう対応するか?」という課題を持ってきて一緒に考える、というようなことをしています。
後ろから抱えられたら?、馬乗りにされたら?、こう押さえられた時にはどんな力がかかるか?効果的な鍛錬法は?などなど。
まったく新しい原理の開発もこちらのカテゴリーです。


もし部外の方が私たちの稽古を見たら遊んでいるように思えるでしょう。
しかし、「遊ぶ」ということは大変重要なのです。

ライオンやトラは兄弟と遊ぶ事で狩りのテクニックを学びます。
仕事をしているときより、遊んでいるときの方がはるかに熱中できて時間も気になりません。
どうせやるなら楽しく愉快にやって、結果的に上手くなったらいいだろう、と思うのです。
一流アスリートたちは、そのスポーツをやること自体が好きで、楽しくてたまらないから続けていたら結果がついてきた、のではないでしょうか?


こうした試みは異端かもしれません。
技を分解したり、愉快に稽古したり、なんていうのは普通の道場では認められないでしょう。
しかし、だからこそ、このような練習会を作りました。

上手くいくのかどうか、我々にも分りませんが、試す価値はあります。
宝くじだって買わなきゃ当たりませんからね。


スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。