スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足さばき

ちょっと暖かくなったとはいえ、夜の稽古でTシャツ一枚は早過ぎでした。

●バランス

最初は管理人からの提案です。
「足元を不安定にすると技がうまくかかる」という様な事を教わったので、応用して色々やってみました。

立てたレンガや円柱など、ひっくり返りやすいものに乗る時、体が固まっていると一気に倒れます。
そこでなるべく体をゆるめてバランスを取り続けるように努力していると、まず上半身と下半身が切り離され重心をコントロールできる様になります。
さらに訓練すると、色々な部分を切り離してバラバラに重心を取るように体が自律するようになるそうです。
このバラバラにほぐれた状態が「居付きが無い」のに似ているので、技がうまくかかるのではないかと思います。

様々な武器や道具をお持ちのHDさんが「一本歯の下駄」というのを持ってきて下さったので、それをお借りしました。
この下駄をはいて技をかけてみようと思ったのですが、立つのが精一杯でした(笑。

武術の型の中には一本足で立ったり、非常に不安定な姿勢を取ったりする「謎のポーズ」が多く含まれているんですが、これらは実はわざと倒れやすい体勢を取って体をバラしているのではないか、と推察されます。

●足さばき

柔術の先生に教わったんですが、人間がリラックスして自然に立つと、つま先はまっすぐというより外側に「ハの字」に開くそうで、実際にそうやって立った方が力みがなくなります。
これは歩く時にも同じ事が言えそうです。
つま先をまっすぐにして歩いた時と、つま先を外に開いて歩いた時とでは開いた時の方が前に進みやすい感じです。
つま先をまっすぐにしておくと、前に出ようとした時に何かに邪魔されている感覚があります。
しかし、外に開くと前に遮るものが無くなって「道」が開ける感じになります。

古流の剣術では「足はソの字に」という教えがあり、前足のつま先をナナメ外に開くように構えるのですが、今まで何故こんな足の形にするのか疑問でした。
他のメンバーに聞いてみると、それぞれ学んでいる武術にも外開きの足があるそうで、より素早く移動するためには外開きのニュートラル状態にしておくのがいいみたいです。
この足さばきを使って相手をかわしたり、逆に素早く接近したりと試してみました。

その他にも色々とやったのですが、移り変わりが速くて記録しきれませんでした(笑。
稽古の様子をビデオに撮っておくといいかもしれません。


次回4月16日(土)は19時30分からのスタートです。
どうぞ宜しくお願い致します。





スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。