次から次へと

最近の練習会はバラエティーに富んでいます。
疑問、課題、お試し、妄想、どんどんお持ち込みください。


●指差し

管理人が柔術で教わってきたコツです。

例えば胸ぐらを掴まれた時、相手の手首を逆手にして決める技があります。
この時、相手が頑張るとなかなか極められないのですが、ここで逆に決めているこちらの両手の人差し指がぐ~んと伸びて、それで相手の頭を叩くつもりで振り下ろすと簡単にかかります。

これをヒントに人差し指で相手を指していくのがあらゆる技に応用できるのではないか、と思って色々試してみました。


●順番に動かす

これも柔術のコツです。
技を掛けていく時、肩→肘→手首の順番に動かしていく原則があります。
この意識を持つと体と腕が絶妙に繋がって技に重みが乗るようになります。

また、こういう動かし方をすると支点が移動していくため、力の出処が相手に察知されにくくなるのではないかと思います。


●急がば回れ

Kさんからの課題で「相手の先を取る」にはどうしたら良いか色々模索していたのですが、その中で面白い現象があったので取り上げてみます。
2人で向き合って、一人が手におもりをつまみ、もう一人はそのつまんでいる手の上に手をセットしておきます。
そこでおもりを持った人は好きなタイミングで手を離しておもりを落とし、もう一方はすかさずそれをキャッチする、という遊びです。

これをやる時、直線的に最短距離を通っておもりを取りに行くとまず失敗します。
ところが、最初から相手の手を迂回して大きくカーブを描いて取りに行くとうまくキャッチできます。
距離的には絶対に直線的に行った方が近いはずなのに、曲線で行った方が結果的に早いのです。
これは直線で取りに行こうとすると、相手の手を躱そうとして動きが「イチ・二」になるのに対し、曲線だと「イーチ」と一拍子で済むためです。
ほんの僅かな差なんですが、物が落ちるという待ったナシの状況では途切れる動作では間に合わなくなるのです。

居着くぐらいなら迂回する方が早い、という実験でした。
この一拍子の動きが普通に出来るようになれば、相手より後に動いても先に手が届くようになるかも知れません。


などなど、次々に話題を挙げては検証していきました。
もっとも解決には時間がかかりそうです。



スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.