一点集中

<今日の検討内容>

・利き腕空間の利用
・意識の一点集中
・ドライバーの原理
・姿勢を正す(背骨・背中の意識化)


●利き腕空間の利用

例えば右利きの人が真正面よりちょっと左側にあるものを取ろうとする時、大抵の人は左手で取ろうとせず、体を回して右手で取ろうとするそうです。
これは右利きの人は非対称的に自分の右側の空間の方が意識が濃いためで、無意識に得意な空間の方を使おうとするためです。
左利きの人は逆に左側の意識が濃くなります。

これを利用して相手の外側でなく、内側に入り込んで反撃できないものか、検討してみました。

合気道などの打ち込みは右手を振り下ろす場合、右半身になります。
普通は半身になった相手の背中側に回り込むのですが、合気道の場合、内側に入身する技もあります。
これなどは得意空間の逆を突く、という意味があるのでは?と考えたのです。

合気道などのように半身になるものは有効かもしれないが、空手やボクシングなど、相手に対して正対するものの場合、内側に入り込むともう一方の手のエジキになりかねないのでは?という指摘をMさんから受けました。

結局、安全を期す為に、なるべく外側にかわす方がいい、という結論になりましたが、練習後にもう一つアイデアが浮かんだので、次回試してみようと思います。


●意識の一点集中

相手との接点を意識でなるべく狭くして、そこを作用点として軸を作ったり攻めたりしよう、という基本技術です。

例えば手首を掴まれた時、上へ引き抜いて外すならば相手の手の内全体に力を拡散していった方が外れやすいです。
しかし、接点を「意識」である1点に集中させると、相手の手が張り付いたまま取れなくなります。
このまま上げていくと相手は離すことも出来ず、無理な体勢のまま上へ引き上げられていきます。
(合気上げの様な感じ)

投げ技に応用する場合。
手を掴まれた時、自分の手の甲の1点に意識を集中して相手を押してやると、なぜか相手はその1点に向かってこちらを押し返してきます。
この時、相手はこの1点を押し返すのに夢中になり、手を離すことも体勢を立て直す事も考えられなくなるみたいです。
ここで作った意識の1点を通る軸を相手の体まで伸ばし、この軸周りに手首を回転させると相手はその方向に投げ飛ばされます。
意識で作った点が小さいほど、技にかける時間が短いほど、うまく投げられる様です。

この意識の一点集中はほとんど全ての技に応用でき、今までのやり方を根本的に見直さなければならないぐらいの重要度を秘めています。


●ドライバーの原理

握り拳を突き出して力を込めているとき、これを両手で掴んで捻ろうとしてもなかなか回すことは出来ません。
しかし、拳を両手で包んで腕の方へ真っ直ぐ押しながらだと回ります。

人間は一度に一つの方向にしか対応できません。
そこで、関係ない方向に強く押して注意を向けておき、別の方向から目的の力を掛けてやる訳です。

ネジを回すドライバーは、回すよりも押す方に力を掛けないとねじ山が潰れてしまい、ネジが締まりません。
この技も同じようなコツなので「ドライバーの原理」と名付けました。

胸押さえ、腕押さえ、木葉返し、など手や腕を捻って逆手にする技に応用できると思います。
先の1点集中を併用したらさらに技が効きそうです。


●姿勢を正す(背骨、背中の意識化)

武術の力の出所として重要なのは体の前面よりも背面側です。
しかし、人間は前面の方が意識が濃く、背中側はほとんど意識しないので必然的に使えない状態になっています。
背骨に意識を通さないと肩の力が抜けませんし、肩が落ちないと体幹の力が伝わりにくくなります。
そこで背骨、背中に意識を持つにはどうしたらいいか、検討しました。

数々の鍛錬方法や整体法を見るに、上方向に伸ばす運動が有効な様です。
また、呼吸法で胸と下腹を動かす事で背骨を引っ張るような意識が出来そうです。
一番刺激が加わりそうなのが「ぶら下がり」ではないか?との意見も出ました。
背骨の際をさすったり押したりするのも有効そうです。

今後は背中側の鍛錬についても追求して行こうと思います。

スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.