スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「呼吸」・「双按」

●呼吸

最初はHDさんのレクチャーです。
「システマ」という武術を紹介して頂きました。

システマで一番重視されるのは「呼吸」だそうです。
歩くときも明確に「鼻から吸って口から吐く」という呼吸を意識し、腕立て伏せも呼吸を原動力に行い、打たれた時の回復も呼吸でします。
日本や中国の武術が動作に呼吸を合わせるのと対照的です。

その他に特徴的なのは「ストライク」という打撃をやりとりする練習法です。
拳で相方の胸を打つんですが、力を抜いて紐でぶら下げたハンマーをぶつける、といった感じです。
これで打たれると「ボゴッ!」と拳がめり込むように入ってくるので、初めて受けると相当衝撃があります。
打たれた方は呼吸を繰り返してダメージを回復させます。
胸を打たれるのが怖いから背中でやってもらったら、背中の方がいつやられるか分からなくて余計怖かったです(笑。

色々参考にさせて頂きます。


●双按

例によってKさんが課題を持ってきて下さいました。
相手を両手で押す時、どういう風に押すのが一番飛ばせるか、効果的なやり方を模索したい、との事。

まず、腕力だけで押してみます。
これでも力がある人は相手が動きますが、よろける程度です。

次に「壁を思いっきり押して、自分がすっ飛んでいく感じ」というのを試してみます。
普通にやると相手もよろめきますが、自分も反動で飛んでしまいます。
そこで、自分はその場に留まり、力だけを飛ばして相手に伝える、というイメージでやってみます。
色々試してみて意外だったのは、後ろ足からグーンと力を伝えるよりも、前足に落としてビヨン、と放った方が効率が良い、という事です。
こうやって両手で押すのを太極拳では「双按(そうあん)」と言いますが、型的には後ろ足から発しているように見えるのに、実は前足の方が重要だと言うことに気が付きました。
この動きは合気道でいうところの「舟漕ぎ運動」にも似ていて、おそらく同じ発し方をするのではないかと考えられます。


次回は11月12日(土)です。
19:30スタートとさせて頂きますのでご了承の程、宜しくお願い致します。





スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。