カカトを踏む

●カカトを踏む

Kさんの発案で「構造的に強い立ち方」というのを検討してみました。
ガッシリ腰を落として立っていても、力いっぱい押されると重心がちょっと浮いただけでめくられてしまいます。
それを防ぐために太極拳の「ポン勁」を張った立ち方をしてみます。

イメージ的には足から相手の力を受ける掌までが一本の棒になり、棒の先端を押しても全部地面に力がアースされてしまう感じです。
そのために重要なのは「カカトを踏む」事。
ほんのちょっとでもつま先側で力を受けると浮いてしまいます。
相手の力でカカトが地面にめり込んでいく様にコントロールするのです。
このカカト重心でポン勁を張った立ち方だと、片足立ちになっても耐えられます。

これがうまく行った所で、今度はこの立ち方を応用して相手を崩す試みをしてみます。
相手は前後に足を開いて踏ん張り、こちらは両足を揃えて一方の足だけカカトを踏みます。
そして、カカトから伸びた力が体を通って腕に至り、さらに腕が伸びていく、という感じで相手を押すと、相手は耐えられなくなって後ろにひっくり返ります。

やられた方はあまり押された感が無く、やや上に浮かされる様な印象を受けるみたいです。
更に、腕の力を抜いて相手が離れるまで極力手をくっつかせておくと、腕の重みがかかるせいか、今度は下にストン、と落とされるように崩れます。
理屈は分かりませんが、一回浮いた後に腕の重みでベクトルが合成されて斜め下方向の架空線が出来るみたいです。

今度は相手の脇の下に腕を差し込んで、カカトを踏んでみます。
ここで意外なのは、相手から遠い後ろ足を踏むより、近い方の前足のカカトを踏んだ方が抵抗感なく崩せる事です。
普通後ろ足でグーンと力を伝えたほうが強力じゃないかと思うんですが、結果として力が出にくそうな前足から力を発した方がアクションが起こりやすいです。

色々試してみたら、結局の所、太極拳の型通りの足の踏み方だと気が付きました。
伝統的な型の凄さを再認識しました。

宮本武蔵の「五輪書」にも「カカトを強く踏むこと」という秘訣が書かれております。
一般的にスポーツなどではつま先を蹴って力を出した方が効率的、という印象が持たれていますが、少なくとも武術においてはカカトを踏んだ方が良いパフォーマンスが出来るみたいです。


12月は、3日、10日、17日の3回を予定しております。
10日だけ19:30スタートとさせて頂きますので、ご了承の程、宜しくお願い致します。






スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.