シメる

早くも年末です。
光陰矢のごとし、という言葉が身にしみる年代になってきました。


●シメる

Kさんのレクチャーで「クワを締める」というのをやってみました。
「クワ」とは中国語なんですが、股関節とその周辺の事を総合して指す言葉です。
ここを締めたり折り曲げたりすることによって上半身と下半身のつながりが出来て、地面からの力をダイレクトに伝えたり、あるいは逆に相手の力をアース出来るようになります。

しかし、間違ったやり方をすると膝を痛めたりするので、正しく教わって慎重に組み立てる必要があります。
このクワのコントロールを無意識にパッと出来る事が達人への道の第一歩だと言えます。

●逆から攻める

次はHKさんのレクチャー。
攻撃を「逆から組み立てる」というやり方を紹介して頂きました。

例えば、前から押しても倒れない相手を、後ろから引っ張ってみて、「この方向には弱そうだ」という当たりをつけておきます。
そうしたら、その当たりを基準にして今度は前から押してみると、先程よりもずっと相手が倒れやすくなります。
あらかじめ弱い構造を探っておくと、間接的に遠くから攻めても弱い方向に崩れるように出来ます。
「崩れる」という現象をまず基準にして、技の方を現象に合わせる、とでも言うのでしょうか。
今まで気づきませんでしたが、なかなか効果的な方法です。
様々なパターンを試しておきたいです。


次回は12月10日、19:30からの予定です。
宜しくお願い致します。


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.