二軸揺動

人間、どうしてもある程度の地位に至ると、そのポジションを守る事に心が向きます。
そうなると探求者であった頃の向上心も、人から学ぼうとする謙虚さも失ってしまいます。
段とか免許とかいったものもその弊害の元になっていると思われるので、ずっと白帯でいた方がいいのかも知れません。

●二軸揺動

最初は管理人から。
先日、太極拳の講習会で教わってきた「発勁」の基本について取り上げてみました。

まずは逃げの少ない棒を介しての発勁です。
片方をしっかりと持ってもらい、普通に引っ張ってみます。
よっぽど力が強い人でないと相手は動いてくれません。
そこで、一工夫します。
いきなりガッと引っ張らずに、引っ張るかなり前の方から棒を撫でるようにこすり、あるポイントで棒を掴んで重みを載せると、相手が軽くこちらへ飛んできます。

コツは腕を使わずに「置いておく」感じで体を落とすように力を掛ける事と、かなり前の方から細く長く荷重を掛ける事です。
自分の体重をそのまま相手に移す様な感じで、うまく行った時には手応えが全く残りません。
これは柔術の技も同じで、うまく掛かると相手が転がっているのに掛けた本人はポカーンとしていたりします。

次は棒を押す方です。
押す方が難しい。
なぜかうまく行きません。

そこで以前Kさんが教わってきた「片手で肩を触りながら突くパンチ」の要領でやってみたら、今度はうまく行きました。
この原理は良く分かっていなかったんですが、太極拳の講習会で同時に教わった体の使い方にヒントがありました。
棒を押す時にどうしても体の垂線を軸にした「一軸回転」になりがちなんですが、これだと体が捻れて力が伝わりにくいです。
それに腕だけに力が集中するため、相手に力点を察知されやすいのです。

しかし、「片手で肩に触るパンチ」だと、体に軸が2つ立った「二軸」になり、それらがタイミングずらして前に出る「二軸揺動」という運動になるのではないか、と気がつきました。
一軸だと出ていく力が点であるのに対し、二軸揺動だと線、あるいは面になると考えられます。
この二軸揺動が体全体の重みを相手に伝える体の使い方ではないかと推察されます。

引っ張るほうが簡単なのは、後ろに下がると自然に体全体が動くので体重を乗せやすいためでしょう。
本当は前でも後ろでも同じ理屈で同じ効果がでないとダメです。
さらに研究を続けます。

●ライトスパー

格闘技をされている方が体験に来て下さいました。
せっかくの機会なので、当てない「ライトスパーリング」をさせて頂きました。
普段型稽古や理屈ばかりやっている我々が最も不足している練習です。

やってみて実感したのは、間合いの取り方の難しさです。
体験に来られた方は格闘技の経験が長く、常に対人練習をしているので間合いのとり方が上手で、カウンターのタイミングも体得されています。
この辺りはやはり経験がものを言うようです。

古武術などをやっている人は、型稽古は長年やっていても、それを活かす対人稽古をあまりやらない傾向があるので、私達もこの点は改善していきたいです。

今月は25日にもう一回稽古やります。
宜しくお願い致します。


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.