スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動作分解・打たれ慣れる

先週は稽古をお休みにしてしまって申し訳ありませんでした。
風邪ひいて寝込んだなんて何年ぶりです。
皆様もどうぞ十分お気をつけ下さい。

●動作分解

先々週の稽古から。
HKさんのレクチャーです。
型をやる時に、一動作ごとに分解してしっかり見直すといい、という話でした。

例えば太極拳の動きを見ると、円形に腕を動かしているように思われがちですが、実際には腕を上下に直線的に動かし、上体を左右に移動させています。
この2つの動作が合成されて円形に腕が動いている様に見えるだけで、腕を回している訳ではないのです。
同じように「螺旋状に動かす」と言われるのも、直線の合成が螺旋に「見える」だけで、螺旋状に動かしてしまうと力が出ないし、伝達も出来ません。

こういう見た目だけの動きにならないように、手の移動、体の移動をポイントを抑えて1つずつ分解し、「過程をしっかり行う」事が重要だ、との事でした。


●打たれ慣れる

私達のような組手をやらない系武術では、実際の打ち合いが非常に苦手です。
おそらく理論をしっかり修めている人でも、いきなり現代格闘技をやっている人と闘ったらパワーとスピードに翻弄されて終わり、じゃないでしょうか。
(型しか練習してないけど、組手がムチャクチャ強いという人がいたら是非お会いしたいです)
そんな訳でフルコンタクトの使い手でもあるHKさんに色々レクチャーして頂きました。

もし打ち合いに慣れていない人が戦うはめになった場合は、硬い部分で攻撃を受けるのが一番簡単で確実だそうです。
すなわち、パンチは肘、キックは膝、でガード。
これをバカのひとつ覚えのように繰り返すと、打つ方が苦痛で心が折れるとのこと。

一番の秘訣は「打たれ慣れる事」だそうです。
フルコンタクトでやっている人たちは日常的に打たれているので、打たれる事への恐怖が少ない。
しかし、寸止めや、型メインだと殴られたり蹴られたりといったバイオレンスに慣れていないので体が固まってしまい、本来の動きが出来なくなります。

当てない武術であっても、打たれる訓練はやっておくべきでしょう。
昔、北斗旗選手権で活躍した「体術」の選手たちは、防具をつけ、壁際に追い詰められた状態で集中的に蹴られたり殴られたりする練習を繰り返していたそうです。
その中でうまい受け方や反撃のチャンスを体で覚えていったのではないか、と思います。


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。