スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライトスパー対策・つなげる

人間にとって病気は厄介なものですが、病気をするということは生きている証でもあります。
昨日まで何とも無かった人が突然パッタリいってしまうのは、病気になる事も出来なかったのではないかと思います。

東洋医学的には人は肺虚、腎虚、脾虚、肝虚という4つの体質に分けられ、生まれつき必ずどこかに欠陥を抱えているのだそうです。
そういう欠けた所を補いながら調子良くなったり悪くなったりを繰り返しながら生きていて、欠点を思いっきり突かれると死にます。
逆に、欠点を完璧に埋めすぎてもダメみたいで、健康法の大家とか、天才治療家はわりと早死しています。

調子上げたり崩したりのバランスをうまく取って、極端に振れさせないのが「健康を保つ」という事ではないかと思います。

●ライトスパー対策

3月最後の稽古の記録です。

最近のトレンドはライトスパーの研究です。
防具つけてボコボコ殴り合うのは武術の稽古とは方向性が違うのでやりませんが、対人の練習は避けて通れないので、今のところ寸止めか軽く当てるぐらいで自分のレベルを知るための稽古はやっていきたいです。
そこで経験者のHKさんからレクチャーを受け、色々情報を得ながら模索を繰り返している訳です。

その中で、根本的に不足しているのが「スタミナ」だろう、という話になりました。
2分とか3分、動き回るとヘロヘロになってしまいます。
現代格闘技をやる人達は数ラウンド激しく動くため、走り込みやシャドウで体力をつけていますから、対等に渡り合おうとするならへばらないようスタミナをつけなければなりません。

武術ならその体系にスタミナをつける功法も含んでいるはずで、それが基本を学んだ後にやる「応用型」だろう、と検討をつけました。
もっとも実戦的と言われる陳式太極拳には「二路」というスピーディーに力強く動く型があります。
これを徹底的に練って、激しい動きにも耐えられる体を作ろうという訳です。
(管理人の様に激しいの苦手な人は、もうちょっと優しいので済まそうともくろんでおりますが)

●つなげる

Kさんがある中国武術の講習会に参加されたので、そのレポートを伺いました。
2人の先生がコラボで行ったレクチャーだったそうですが、そこで強調されたのは「つなげる」という事だったそうです。

管理人は柔術を習うまで「つなげる」という概念がなく、知ってからもこれは柔術独特の技術だろうと思っていましたが、太極拳やその他の武術も同じように「つなげる」を第一にしていると聞いて驚きました。
が、よくよく考えてみると、離れた所から何か飛ばして倒すのでなければ、相手と接触する以外に影響を与える術はありません。
そこで多かれ少なかれ「つなげる」技術は必須になってくるはずです。

まあ、各流派でつなげ方とか考え方に若干の違いはあれど、人間のやることにそれ程バリエーションはないので、自分がやっている武術の「つなげる」を習得できればいいのではないかと思います。


4月最初の稽古は8日、19:30からです。
どうぞ宜しくお願い致します。


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。