スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タマゴキャッチ

こないだ管理人の車が19万キロ乗って廃車になったのですが、壊れる直前が最もエンジンの調子が良かったです。
バイクレースの神様と呼ばれたケン松浦氏は、「ブローするエンジンはすごく良い音を出すからすぐ分かる」とおっしゃっていたそうですし、どうも逝く寸前に最後の輝きを見せる様です。
食べ物は腐りかけが一番うまいし、物は壊れる寸前が一番性能を発揮する。
人も、妙に調子が良い時こそ、一番気をつけなければならないのかも知れません。

●スレスレ押し

Kさんの発案で、「スレスレ押し」というのをやってみました。
ちなみに「スレスレ押し」は管理人が勝手に名付けたので、もっといいネーミングをお願いします。

何かを押す時に、手をしっかりつけてギューンと力を入れるよりも、手を押すモノの表面スレスレの触るか触らないかの所に留めておき、そこから押す方が力を伝える効率が上がる様です。
まったく理屈は分からないのですが、いくつか実験してみたらそういう傾向が見られました。

例えば太極拳の「按」という掌で押す技も直前まで100gぐらいの力で触っているだけなのが秘訣だし、柔術も皮膚の薄皮一枚を動かす感じ、という口訣がありますので、武術では必須の技術なのかも知れません。
もうちょっと詳しく研究してみます。

●タマゴキャッチ

これもKさんの発案。
最初は「タマゴキャッチ」についての議論から始まりました。
飛んでくるタマゴを手で受け止める時、何の工夫もなく止めると衝撃で割れます。
そこで接触してからやんわりと後ろに引き、運動エネルギーを減衰してやる必要があります。

そういう議論をしていて、これは攻撃を受ける時全般に使えるのではないか?という事に気がつきました。
普通、相手の突き蹴りを自分の腕ぐらいの間合いに入ってから叩き落としたり払ったりしていますが、これで完全にディフェンス出来るのは、相当反射神経と肉体が優れている人です。
そのぐらいの距離で入ってくる攻撃は一番力が乗っていて、相手にとってのヒットポイントになっています。
このMaxな攻撃を体に近い所で防ごうとすると、接触出来る範囲と時間が短くなってしまうのです。
かなり無理がある封じ方でしょう。

そこで「タマゴキャッチ」です。
相手の攻撃をタマゴをやんわり受け止めるように、かなり遠くの間合いからアプローチを始め、軽く接触し、徐々に力を逃して、体の近くに来る頃にはほとんどダメージが無いぐらいにまで弱める、という様にしたらどうか、というアイデアが出ました。

この方法の良い点は、
1)ロングレンジで攻撃を捉えるので、時間的にも余裕が出来る
2)ヒットポイントが前側にずれるので相手の力が乗りにくい
3)防御がそのまま反撃になる
といったところでしょうか。

では、どのようにこのディフェンスを磨いたら良いかというと、頭に浮かんだのは各派の武術の「型」です。
型をよく観察すると、かなり前の方、指先よりさらに前の空間からスタートするような動きをしています。
そして徐々に相手の力を削いで、相手の体勢が崩れる所まで持ち込んでから反撃するような構成になっているのです。
要するに「型通り」やるのがタマゴキャッチなディフェンスになるのではないか、というのが今のところの推察です。

先日受けた太極拳の講習で、講師の先生に「もっと型を信じてください」というような事を言われたんですが、その意味を改めて考えさせられました。
まずは型を徹底的に練り、その上で対人の様々なバリエーションを試す。
これがベターじゃないかと思うのですが、いかがでしょう。






スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。