スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軸の形成

今日の検討内容

・軸の形成

●軸の形成

「引き投げ」という投げ技を何パターンも実験してみました。
崩して相手のわき腹に軸を作るパターン、足に軸を刺してコマのようにするパターン、など幾例も検証します。
もっとも小さくやると、両手で掴まれた自分の手首を作った軸に対して直角に回すだけで技がかかることも確認。

原理的にはどういうやり方でも技はかかるが、いかに軸に対して正しい方向からベクトルを加えるかが重要です。
これを何気なく出来る様になれば、個々の技は必要なくなるでしょう。


●肩の抜き

座り技を何手かやってみます。
今回発見したのは「肩の抜き」の重要性です。
これまでは掴まれた所を張って相手とのテンションを維持していましたが、肩の力を抜くことで落とし、そこでバランスを取って展開する、というやり方を見つけました。

これには肩や肩胛骨などの柔軟性と可動性が必要です。
それらを高めるための方法も同時に検討していかなければなりません。
柔術であれば「技をかけられること」で言わば強烈なストレッチになる訳ですが、生活の中で自然に行える様な方法も考えていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。