スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柔軟

武術の型は条件をつけて行わないとただの体操になります。
正しい姿勢、意識の添付、など、わざと体に負荷をかけるのです。
古流の武術はバーベルを持ったりランニングしたりしませんが、このような負荷を掛けながら型を行うので必要な筋肉が鍛えられます。

しかし、この条件を満たすにしても、ある程度からだが練られていないと正しく行えません。
例えば軸沿いに体を回そうとします。
この時どこか一部が歪んでいると、軸が倒れたり、ぶれたりするでしょう。

今回は正しく型を行える様に体を整える柔軟運動を研究してみました。


体の一部を延ばす事で、全身を同時にストレッチする運動です。
なるべくシンプルで効果的なものをいくつかピックアップしてやってみました。


次は柔術の技を利用したストレッチです。

柔術や合気道の型は2人一組で行います。
お互いに技を掛け合うのですが、技を掛けるのが主な目的、というのが一般的な認識だと思います。
実は「技を掛けられる方」が大事なのです。

柔術系の技は関節技と思われがちですが、本当に効くのは「スジ」に来る技です。
ある一点を決めたり動かしたりすると、腱や筋肉を通じて全身に影響が及び、人体の構造上どうしてもその様にしか動かない、という連動が起こります。
これが「スジを極める」というやつです。
「合気」とはこれを中心にした一連の技術の事だと考えられます。

技を掛けられると、このスジを延ばして鍛えることになります。
自分でやるストレッチは自己防衛の為に悶絶する程負荷を掛けられませんが、技を掛けられるとそれを超えた所まで延ばしてもらえます。
いわば「整体」をやってもらっている訳です。

後輩に技を掛けさせて「俺にはそんな技は効かないぞ」と自慢したりする道場の先輩は、型の意味を半分以下しか理解していないのです。
むしろ後輩がスジを極められるように導いてあげなければならないのですが。
そうすれば後輩が技を憶えてくれる上に、自分も整体してもらえる訳ですからね。

もちろん限界を超えてスジに負荷を掛ければ相手を痛めてしまうので、ちょうどいい具合にしなければなりません。
柔術、合気道の稽古をしていて関節をやられてしまう事がありますが、これは掛ける方が下手くそなのです。
本当は全身を極めなければならない所を関節で止めてしまっているのですから。
関節だけ痛くて他の部分は動くなら、スキを見て反撃できます。
本当にうまい技は、掛けられている間は悶絶エビ反り娘で身動き出来なくても、離されたら凝りがとれてスッキリしているのです。

後半はこういう観点から、スジを極める経路をいろいろ探ってみました。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。