リスタート

学校の新学期と共に当会もリスタート。
4月当初は寒かったので、ちょうど良かったです。

●パラダイムシフト

まずはMさんの話から。
何気なく見ていた深夜番組でスプーン曲げの種明かしみたいなのをやっていて、その通りにしたらスプーンが簡単に曲がったそうです。
管理人もやり方を教わったので家に帰ってやってみたら本当に軽く曲がりました。

要は力学的なトリックと、「硬いスプーンが簡単に曲がるわけがない」という思い込みを逆に利用している、という事でしょう。
やり方が分かれば曲がる方が当たり前になります。

ここで重要なのは「出来て当たり前」という意識にガラリと変わったという点です。
武術の技も、出来るのと出来ないのはほんのちょっとした事と、「出来る」という無意識の裏付けがあるかないかだと思います。
伝統的な流派が閉鎖的なのは、タネが分かるとみんな出来てしまうからなのでしょう。
人を殺傷する技術が一般的になってしまっては危ないですからね(笑。

常識が劇的に変化することを「パラダイムシフト」と言いますが、武術は正にこれを起こし続ける事が目的です。
普通の人が「そんなこと出来ないよ」と思っている事を何気なくやってしまうから神秘的に思われる訳で、常識との落差が大きい人が「達人」と呼ばれるのでしょう。

スプーン曲げの秘訣から、ちょっとした力学の妙が劇的な変化を産む事を学びました。
技を練習するときにはささいな事にも観察眼を向けてやってみようと思います。


●基本三手

社会心理学者のジョン・バージによると「人の日常行動の99%は意識せずに行われている」そうです。
要するに「無意識の行動」ですが、フロイトの言う無意識と区別するために「自動性」と呼ばれています。

そう言われると、私たちの行動のほとんどは自動的に行われています。
歩く時に「足あげて、前に延ばして、足ついて、重心移して・・・・」などと意識的にはやっていません。
体が勝手に動いているわけです。
かっぱえびせんを食べながらマンガ読んでいたら、いつの間にかえびせんが無かった、というのも自動性がなせる技です。

人間の動作が自動的になるには2つの条件があると考えられます。
1つは「くり返し行われること」
毎日何度も何度も行う動作はいちいち考えながらやっていては効率が悪いので、ある程度回数が重なると脳が行動を一まとめにして小脳に書き込むそうです。
もう1つは「シンプルであること」
複雑な動きよりも単純な動きの方が自動化されやすい傾向にあります。

我々の練習も日常の自動性に組み込んでしまおうと言うのが今後のテーマです。
というか、武術の技とはそうしたものでしょう。
そんな訳で「自動性」を得る為に、シンプルな「基本三手」をしつこく練習致しました。

何度か述べましたが、武術の一流派でもっとも重要かつ有効な技は一番最初に学びます。
いわゆる「基本技」です。
その流派が一番必要だと考えている技術で、シンプルながら一番難しいです。
だから中国の武術では3年間じっと立たせたり、ひたすら円周を歩かせたりさせたりする訳です。
武術を本当に身につけたければ基本技を自動化させるのが確実、ということでしょう。

日本でも江戸時代、剣術の達人がいきなり襲われた時には「気がついたら相手が斬られて地面に転がっていた」そうです。
刀を抜いて、斬って、納める、というシンプルな動作が自動化されていた好例でしょう。

我々の学んだ柔術では初伝三手が最初に学んだ基本なので、これを体に染み込むませるのが上達の一歩だと考えています。

余談ですが、映画「ベストキッド」でミヤギ老人がダニエルに車をスポンジで洗わせたり塀にペンキを塗らせたりしたのは、空手の基本をシンプルな動作に置き換えて何度も何度も繰り返すことで体に染み込ませようとしていたのだと思います。
この映画の武術プロデューサーはなかなかスゴイ人です(笑。

日常的な動作に武術の技を置き換えて何度もやる、というのはいいかも知れませんね。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.