スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳をだます

またまたお一人稽古を見に来て下さいました。

せっかくなので、一緒に練習して頂きました。
見ているだけじゃつまらないですからね(笑。

●一通り

私たちが学んだ柔術は、4つの段階で構成されています。
1つの技がそれぞれの段階のコンセプトによって変化していきます。
いつもしつこく練習している基本4手は、この最初の段階の技です。

それぞれの流派で最も重視する事は最初に学ぶものと考えられます。
なぜなら、最初に習う事はたくさん練習するからです。
一番身につけて欲しい重要な事だからこそ、初めにやるのだと思います。

そんな訳で、今日は第一段階の技・9本全部やってみました。

ホントは他にも色々やってみたかったですけど、ついつい夢中になってこれだけになってしまいました。
見に来られた方が呆れてしまったかも知れません(笑。

武術練習会のベースになる稽古をご紹介した、という事でお許し頂ければと存じます。


●脳をだます色々

武術には人間の性質を巧みに利用した技がたくさんあります。
その中で、管理人が昔から不思議に思っていたものを研究の俎上に上げてみました。
「薄皮一枚だけを動かす」
という秘訣を出来ないかやってみたのです。

人間の皮膚は脳とは別に独立したセンサーと自律的に働く機能をもっているそうです。
それを利用して、頭と、皮膚に別々の刺激を加えて混乱させようと言うのが「薄皮一枚」の技の原理ではないか、と考えられます。

Kさんは「脳をだます」とおっしゃっていましたが、言い得て妙です。
「のうだま」をやるのです。

とはいえ、管理人が体験した不思議な技をみなさんに伝える事が出来ず、「?」という感じで終わってしまいましたが。
今後も継続して研究していきたいと思います。

「のうだま技」は他にも視覚に訴えるものや、自分自身をだましてしまうものなどもあります。
敵を欺くには味方から、といいますが、自分すらも欺く事で敵をだますのです。
こうなると、もう訳がわかりませんねー(笑。


という訳で、今月の稽古も終了です。
参加して下さった皆さま、どうもありがとうございました。

10月の稽古は6日,13日,20日の3回を予定しております。


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。