固める、呼吸

会員の募集はひとまず終了致します。
たくさんのお問い合わせを頂いてありがとうございました。


●固める

柔術において最終的な目的は「相手を動けなくすること」です。
投げ技も当て身も「固める」までの行程の一つに過ぎません。
昔は動けなくしておいてから刀で刺して仕留めていた様です。
現代の日本においては、相手が先に手を出してきたとしてもケガをさせた方が加害者になってしまうので、護身の点でも殴ったり投げ飛ばしたりするよりも「固める」方が良いと思われます。

私たちの学んだ柔術も固めて動けなくする事が基本です。
投げ技に入るきっかけにも「固める」を用います。
上達すれば、そのきっかけだけで相手を制する事が出来る様になると思います。
それがいわゆる「合気」なのでしょう。

と言うことで、基本技の内、肩を掴まれて殴りかかってきたのを地面に伏せて固める所まで稽古してみました。
「固める」は関節技ではありません。
手から腕、肩、全身のスジを極めるのです。
関節技は関節が柔らかい人や、力が何倍もある人には効きませんし、ムリに掛けようとすると捻挫させてしまいます。
しかしスジを極めるのは全身の神経とか反射反応といった根本的な性質を利用するので、相手が人間である限り抵抗できません。
人間のどこをどうやればどう動く、という知識を熟練の整体師のように体で覚え込ませ、何気なく技を掛けられるようになるまで稽古するのです。

柔術的なスジの固めの他に、Kさんがベクトルの分散による固めを紹介してくれたので、そちらも検討してみました。

●呼吸

私たちが無意識に行っている「呼吸」ですが、意識的に操作したり、特別な訓練をすると体の有り様を変えることが出来ます。
この辺りは各流派の最も秘匿するべき部分であるため容易に知る事が出来ません。
それだけ効果が大きいし、間違って憶えると危険であると言うことでしょう。

後半はKさんの紹介を起点に、呼吸を利用した鍛錬や技について検討し、ついでに私たちが学んだ柔術の呼吸法も実際にやってみました。


今年の稽古は来週15日が最後です。
どうぞ宜しくお願い致します。



スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.