スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方向の力

ようやく暖かくなってきましたね。
ハンテンのような道着を自作しようと思っていたところなので助かりました。

●いろいろ

今日のテーマは「力の方向性」です。
ほんのちょっとした力のかけ方で、相手に与える影響、自分にかかる負荷が全く違ってきます。
いくつか検討してみました。

相手から真っ直ぐ押してくる力を同じ方向に押し返すと力比べになります。
そこで柔術も太極拳も、それを体の中を通して地面へ逃がす、という事をやります。
今回はそれをしやすい体勢を模索しました。

最初は姿勢だけで検討してみたのですが、うまく行きません。
が、Kさんがいつもの鋭い洞察力でちょっとしたコツを思いついて、それを織り込んでみたらいい感じに力が下に逃げるようになりました。
相変わらず目の付け所がいいです。

姿勢そのものももちろん大切ですが、それにプラスして積極的に力を導く方策が必要な様です。
今後は様々な場面で実験を繰り返してみることにします。

その他、拮抗した状態から、ちょっとしたアクションを加えて相手を崩す技があって、それを体の微妙な動きだけで出来ないか検討したりしました。
ベクトルを操る技は面白いです。
意識の持ち方も重要な様です。


●柔術

今日は、首を絞めてくるのを投げ飛ばす技と、手を返して下に落とす技をやりました。
これで第一段階の技は終わりです。
もう一つあるのですが、江戸時代の居酒屋にあるような椅子が必要なので今回は省略します。
我々が学んだ柔術は、呑み屋で絡まれたシーンの想定が多いです。
創始者の体験が生きているのでしょうか?(笑

以前から何度か書いていますが、私たちの学んだ柔術の一番の極意というのは「相手にしないこと」です。
相手がいても、そんなもん知らん、という感じで技を行うのです。
他のどの武術でも同じような事を言っています。
しかし、目の前に敵がいるのに居ないものと思ってやるというのは実に難しい。

人間の脳は経験を生かして効率よく物事を処理しているのですが、武術をするときにはそれが邪魔になります。
そこで、自分で自分の脳をダマす必要があるのです。

その為の初期アプローチとして「丹田に意識を置きながら技をかける」というのがあります。
これは精神的な修練か何かと勘違いされがちなんですが、要は丹田ばっかり集中していると、敵に割く意識のリソースがなくなる為、結果的に「相手にしなくなる」という事らしいです。

その他、「10円を拾いに行く」「東京音頭を踊るように」などのコツも、相手を相手にしないための方策であろうと思われます。
これらを応用して、自分なりに「相手にしない」意識の作り方を工夫してみるといいかもです。


という訳で、今月はこれにて稽古終了。
新年度は4月13日からスタートです。
よろしくお願い致します。


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。