スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vs格闘技、足から入る、遊び取り

こないだ「足」について書かれた本を読んだのですが、足の骨の組み合わせが良くないと体全体に悪影響が及ぶそうです。
不安定さを補うために脛、膝、股関節などは無理なポジションを取らざるを得なくなり、さらにそれをフォローするために使わなくてもいい筋肉を使って体を強張らせてしまうのだとか。
こうなると体の実情と、脳のボディマップとの間に齟齬が生じ、「動かせ」「動きません」「動かせって言ってるだろ!」「だから動かないって言ってるだろうが!」という諍いが起きて、無意識にそれがインプットされて、全体がコンフリクトしてしまいます。

こういう状態で武術をやっても、パフォーマンスは上がらないと思います。
秘伝も大切ですが、もっと重要なのは体のメンテナンスの方ではないでしょうか。

●VS格闘技

前回、今回、と2週分まとめて書きます。
最初は先週やった伝統武術で格闘技とどう戦うか、という問題です。
こうした経験をお持ちのHKさん、HDさんにアドバイスを求めました。

フルコンタクト空手やキックも脅威ですが、スピードや変化という意味で厄介なのはボクシングだと思います。
拳で殴る事に関して世界中で研究されている競技であり、トレーニングも合理的で短期間にある程度の戦闘力をつけるならボクシングが第一選択肢に入るでしょう。

管理人も何度かマス・スパーをやらせてもらった事がありますが、足を使って軽やかに動き回る上に、コンビネーションを上下に打ち分けたりしてくるのに全然対応出来ませんでした。
何より、実際に打ち合う経験というか、コンタクト慣れしていて、度胸がついている所が決定的に違っています。

という訳で、ボクサーを仮想敵として、太極拳とか柔術でどう戦うか具体的に考えてみました。


●位置取り

続いて今週の研究は、Kさんのフィードバックです。
「位置取り」について考えてみました。

例えば、突然何か物が飛んできた時に、ピャッと体を捌ける人はよっぽど修羅場をくぐっています。
普通の人はとっさに手を出して顔を庇ったりするはずです。
それぐらい人間は手に頼っているのですが、武術をやる時にこのクセが出てくると技が効かせられません。
技が効かない原因のほとんどが手先だけでやろうとしているからだ、と言っても過言ではないと思います。

そこで、まず「手」じゃなくて「足」から始めるのが良いそうです。
技を効かせられる手と腕の位置とか角度というのは予め決まっていて、そこから外れると威力がガタッと落ちるので、最初に足を手・腕を有効に動かせる位置に置いて、さらに体をそこに持っていってから手を動かす、というプロセスを守る必要があるのです。
「そんなの当たり前じゃん」とおっしゃる方もいるでしょうけど、これをちゃんとやっている人は多くありません。
という事で、足を置く位置取りについて稽古してみました。

●遊び取り

これもKさんの研究です。
技を掛ける前に、予めフィニッシュの姿勢を作っておくとうまく掛かる、という発見です。
普通は体をフリーにした状態から技を掛ける体勢を作るのですが、その間に相手の力が入ってきたり、余分な動作で「遊び」を作ってしまったりするので、体中の「遊び」を取り除いておいて相手が触れてきたらダイレクトに技に入れるようにしておく、という事です。
相手に分からないように仕込んでおけばかなり有効でしょう。

達人は、こういう「遊び」のない体のパターンをいくつか用意してあり、状況に応じてパッと出せる様、体をシステム化しているのではないかと推察されます。
伝統武術で重きをおく、垂直な立ち方とか、軸を作るとかは、この遊び取りの基本形でしょう。


来月は第2週の7月8日(土)からのスタートです。
どうぞ宜しくお願い致します。



タマゴキャッチトレーニング、「自動化」

武術練習会のスピンアウト会・「推手サークル」の恒例イベントが今週末に行われます。
どなたでもご参加頂けますので、ぜひ遊びにいらしてください。

●推手サークルジャンボリー2017
日時:6月11日(日)13時から16時30分まで
場所:静岡県湖西市新居地域センター 2階大会議室


入場無料、出入り自由。
太極拳の対練「推手」や武術の交流、雑談など半日お楽しみ頂くイベントです。
皆様のご来場をお待ちしております。


●タマゴキャッチトレーニング

Kさん提案の「タマゴキャッチ」をトレーニングしてみます。
最初はテニスボールを投げてもらい、それを柔らかく受ける練習です。
この時心がけるのは「全身で包むように」です。
手だけで受けようと思うと全体が連動した感じが出せません。

柔術では「力をカカトで受けるように」、太極拳では「体を”Cの字”にして受ける」という説明をされたので、参考にしてみました。
本当はもっと重量がある、例えば砂が入ったバスケットボールぐらいの玉でやると衝撃が大きいので、タマゴキャッチがうまくいっているかどうかハッキリすると思うんですが、今のところ用意出来ていないのでこれから開発する予定です。

何度かやってみて、受け止める「感じ」が出てきたら、今度は相手を立ててやってみます。
腕を掴まれたのを上げるのと、持っていた棒を上から押さえつけられた所を上げ反すのなど、何パターンか返し技をしてみます。
もっと受ける「感じ」が自然になると効果が目に見えるかも知れません。


●自動化

太極拳には「四正」という基本的な概念があります。
「ポン(上にあげる・膨らむ)」「リー(後ろに引く)」「ジー(前に押す)」「アン(下に落とす)」という四方向で「四正」です。
先日受けた太極拳の講習会で、これは単独で使うのではなく、「ポン・リー」でセット、「ジー・アン」でセットだ、というお話を聴いたのですが、この説明で目からウロコが落ちました。

それはこれまで研究してきた「ベクトルの合成」に通ずるものがあるからです。
例えば「リー」を単独で使おうとすると相手を自分の斜め後ろに引っ張るような技になるのですが、相手は力の方向を察して逃げたり耐えたりするのでうまく掛かってくれません。
しかし、「ポン」で上に上げるベクトルを掛けながら「リー」を掛けると、上に向かう力に途中から後ろに向かう力が合成されて、斜め上に向かう力が生み出されます。
このような合成力は、技を掛けた本人すら予測していない方向に飛んでいくため、相手はもっと対応しにくいのです。

武術や格闘技にはこのような合成力を使う技がたくさんあります。
例えば居合をされているHDさんによると、据え物を袈裟に斬る時、斜めに刃を走らせるのではなく、下に振り下ろしながら体を僅かに移動すると結果的に袈裟に斬れるのだそうです。
格闘技の例では、あるボクシングのチャンピオンが得意としていた大振りのスイングブローは相手のストレートよりも早くコメカミにヒットする不思議なパンチだったんですが、これは相手より早く手が届く位置に入りながらパンチを打つと、緩やかなカーブを描いて飛んで行くように見える、という事だったのではないかと推察されます

そんなに便利な技だったらみんな使えばいいじゃん、と思われるのですが、ベクトル合成をする上で最も難しいのが、「それぞれのベクトルを独立させること」です。
つまり、腕を真っ直ぐ振り下ろす、腰を回す、というような動作を独立させて同時にやるのが困難なのです。
楽器の演奏で言うと、右手でメロディーが弾けて、左手でアルペジオを弾けても、両手で合わせようとすると出来ない、みたいなものです。
右手と左手が独立していないから別々に動かせないのです。

そこで必要になるのが「自動化」です。
ベクトル合成に必要な動作を一つ一つ分解し、それぞれが脳の干渉を受けずに自動的に動くように訓練しなければなりません。
ロボットのように、モーター、リニア、ギアといった単純運動するパーツをそれぞれ動かしつつ、それらを総和して1つの技にするのです。
頭で考えて動かすと、絶対にこのような運動が出来ません。
人間の脳は良くも悪くも合理的で、動かす部分を極力減らそうとする傾向があるので、各部を独立させて動かす、なんていう面倒くさい事はさせたがらないのです。

武術の稽古とは、つまるところ体各部の自動化ではないかと思います。
楽器が得意なHKさんの体験談が興味深かったのですが、ピアノやギターの練習をしていて最初は右手と左手が合わなかったが、出来るようになってみたら弾いている自分を上から別の自分が眺めているような感覚になったそうです。
これこそ体を自動化して脳から切り離した例と言えるでしょう。

逆に言うと、こうなるまで練習しなければ武術を武術として使えるようにはならないのではないかと思います。
いきなり襲われて、気がついたら襲った相手の方が血をふいて倒れていて自分が何ともなかった、というのが武術の正しい使用法でしょうから、頭で「こうしよう」「ああしよう」なんて考えている余裕なんかないのです。

そうなると、結局、その流派のベースとなる動作を繰り返し練習して体に染み込ませるのが一番確実、という事になるのではないかと思います。
余分な動きを削りに削った、最もシンプルな入門したら最初に教わる基本動作。
さらにその前の「真っ直ぐ立ち続ける」事。
伝統武術なら必ずどこでもこれがあるはずですから、まずここに立ち返るのがいいのではないかと考えられます。
また、習得したい技の動作を一度バラバラにして、単純化した動きを自動化する、というのも一つの手ではないでしょうか。





6月の予定

6月も3回の稽古を予定しております。

6月3日(土)、10日(土)、17日(土)です。
なお、17日は19:30スタートとさせて頂きますので予めご了承ください。

宜しくお願い致します。



蹴り各種・「裏」技

ここのところ、日曜日になると自治会の草刈りに駆り出されてウンザリしています。
毎週の様に朝から汗みどろです。
おかげで柔術の稽古に行けません。
地球温暖化が叫ばれる折、パリ協定に批准するなら、草はむしろボーボーに生やして置いた方がCO2削減になるんじゃないかと思うのですが?

●蹴り各種

最初はHKさんからの蹴りのレクチャーです。
色々な蹴り技について解説頂きました。
フルコンタクトの蹴りは伝統空手のそれとはかなり違うのですが、格闘技のルールの中では非常に有効な技です。
「後ろ回し蹴り」などはモーションが大きくて実際に使えないんじゃないか?と思われがちですが、パンチを打つような狭い間合いでも普通に繰り出されます。
しかも体重が乗って威力があり、決まればKOも可能です。

こちら側がそういう蹴りを習得するに当たって、トレーニングの方法も教えて頂きました。
実際に防具をつけた人を蹴ったりする訓練もやってみたい所です。

●裏・技

こちらはKさんの研究成果です。
前回「タマゴキャッチ」についての検討をしましたが、これを更に発展させました。

タマゴキャッチをする時の力の分布にKさんは注目しました。
まず、手の平を固くしてタマゴを受けようとすると衝撃でタマゴは割れます。
といって力を入れずにフニャフニャの手だとタマゴをしっかり受け止める事が出来ません。
柔らかく衝撃無く受ける時には手の平は柔らかく、手の甲にはやや力を入れているのがベストだ、と気がついたのだそうです。

この力の入れ方で相手に触れると、不思議と技がかかりやすい事も分かりました。
例えば手の平に力を入れて相手を掴むと、やられてみると分かりますがイヤな感じがします。
硬いものを押し当てられて警戒心が無意識に起き上がるのです。

しかしタマゴキャッチ的な表面は柔らかく、「裏」に力を入れた手で触ると、その警戒心を体の方が感じにくくなるみたいで、こちら側の力が乗ってくるまで侵入を許してしまう様です。
これは手に限らず腕とか肩、体でも同じ傾向が見受けられます。
腕だったら当てる方は柔らかく、その「裏」を張ると相手に貫通するような打撃を与えることが出来ます。
手首を掴まれたら、掴まれた部分は柔らかく、その「裏」に当たる肘の辺りに意識を込めて上げると合気上げが決まりやすくなります。

こうしたコンタクトの仕方を仮に「裏・技」と呼んでおきますが、非常に応用範囲が広いです。
以前、管理人は柔術で相手の肩から重みを吸い取って落とす、という技を教わって、いくらやってもダメだったんですが「裏・技」で試したら出来てしまいました。
実際に教わってきた私が出来なくて、その話を聞いただけのKさんの方が出来てしまうというのが納得行きませんが、これが観察眼の差と言うものでしょう。

いずれにせよ達人技のヒントを得ましたので、これを更に磨いて行こうと思います。

という事で今月の稽古も無事終了です。
ご参加ありがとうございました。





タマゴキャッチ

こないだ管理人の車が19万キロ乗って廃車になったのですが、壊れる直前が最もエンジンの調子が良かったです。
バイクレースの神様と呼ばれたケン松浦氏は、「ブローするエンジンはすごく良い音を出すからすぐ分かる」とおっしゃっていたそうですし、どうも逝く寸前に最後の輝きを見せる様です。
食べ物は腐りかけが一番うまいし、物は壊れる寸前が一番性能を発揮する。
人も、妙に調子が良い時こそ、一番気をつけなければならないのかも知れません。

●スレスレ押し

Kさんの発案で、「スレスレ押し」というのをやってみました。
ちなみに「スレスレ押し」は管理人が勝手に名付けたので、もっといいネーミングをお願いします。

何かを押す時に、手をしっかりつけてギューンと力を入れるよりも、手を押すモノの表面スレスレの触るか触らないかの所に留めておき、そこから押す方が力を伝える効率が上がる様です。
まったく理屈は分からないのですが、いくつか実験してみたらそういう傾向が見られました。

例えば太極拳の「按」という掌で押す技も直前まで100gぐらいの力で触っているだけなのが秘訣だし、柔術も皮膚の薄皮一枚を動かす感じ、という口訣がありますので、武術では必須の技術なのかも知れません。
もうちょっと詳しく研究してみます。

●タマゴキャッチ

これもKさんの発案。
最初は「タマゴキャッチ」についての議論から始まりました。
飛んでくるタマゴを手で受け止める時、何の工夫もなく止めると衝撃で割れます。
そこで接触してからやんわりと後ろに引き、運動エネルギーを減衰してやる必要があります。

そういう議論をしていて、これは攻撃を受ける時全般に使えるのではないか?という事に気がつきました。
普通、相手の突き蹴りを自分の腕ぐらいの間合いに入ってから叩き落としたり払ったりしていますが、これで完全にディフェンス出来るのは、相当反射神経と肉体が優れている人です。
そのぐらいの距離で入ってくる攻撃は一番力が乗っていて、相手にとってのヒットポイントになっています。
このMaxな攻撃を体に近い所で防ごうとすると、接触出来る範囲と時間が短くなってしまうのです。
かなり無理がある封じ方でしょう。

そこで「タマゴキャッチ」です。
相手の攻撃をタマゴをやんわり受け止めるように、かなり遠くの間合いからアプローチを始め、軽く接触し、徐々に力を逃して、体の近くに来る頃にはほとんどダメージが無いぐらいにまで弱める、という様にしたらどうか、というアイデアが出ました。

この方法の良い点は、
1)ロングレンジで攻撃を捉えるので、時間的にも余裕が出来る
2)ヒットポイントが前側にずれるので相手の力が乗りにくい
3)防御がそのまま反撃になる
といったところでしょうか。

では、どのようにこのディフェンスを磨いたら良いかというと、頭に浮かんだのは各派の武術の「型」です。
型をよく観察すると、かなり前の方、指先よりさらに前の空間からスタートするような動きをしています。
そして徐々に相手の力を削いで、相手の体勢が崩れる所まで持ち込んでから反撃するような構成になっているのです。
要するに「型通り」やるのがタマゴキャッチなディフェンスになるのではないか、というのが今のところの推察です。

先日受けた太極拳の講習で、講師の先生に「もっと型を信じてください」というような事を言われたんですが、その意味を改めて考えさせられました。
まずは型を徹底的に練り、その上で対人の様々なバリエーションを試す。
これがベターじゃないかと思うのですが、いかがでしょう。






Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 武術練習会の研究開発日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。